「ゆるい1日1食生活」で、平日にかかる食費を減らす

 

1日にとる食事の回数については、かれこれ数年、1日1.5~2食ぐらいで安定していました。

 

【1日1.5食生活】最近のまとめと小食のメリットについて

 

ですが、ここ最近は1日1食しか摂らない日も増えてきました。

1日1食は完全に平日限定、仕事のある日だけです。
休みの日や旅行中は、食事の回数にこだわらず2食でも3食でも食べています。

 

目的はゆるい小食生活を送ることで、平日の食事にかかる時間とコストを減らすこと。
なので、ダイエットのためとか、健康のためとかは考えていません。

 

 

平日の「基本の食事」

 

最近の食事は、

  • 朝:野菜ジュース、豆乳、カフェオレ、お茶など
  • 昼:なし 水はこまめに飲む
  • 夜:同居人がつくるごはんをガッツリ食べる

という構成になっています。

 

夜はついつい白ごはんを食べ過ぎてしまって急激な眠気に襲われているので、極力、炭水化物をとりすぎないように心がけています。

が、ちょっとくらい食べ過ぎても1日トータルしたら大したことないよね!と自分に言い訳しつつ、食べたいときはがまんせすに食べるようにしています。笑

 

 

とにかく「仕事をするためにかかる、時間とコスト」を削減する

 

1日1食生活にシフトすることで、

  • 朝早く起きて、ごはんを食べる時間
  • お弁当を作る時間
  • 買出しや準備の時間
  • 後片付けの時間

……などの時間を大幅カットすることができます。

 

一度の食事にかかる時間は10~20分ほどだったとしても、準備や後片付けをしたり、「次の食事について考えている時間」まで含めると、1度の食事のために意外と多くの時間を費やしていることになります。

もちろん、それらは生きていくために必要な時間ではあるのですが、その目的が「仕事のため」「生活費を稼ぐため」となると、そんなに時間を割きたくない!というのが正直なところです。

毎日そこまで重労働なわけでもなく、デスクワークで、ほとんどがルーチンの作業。

昼ごはんを食べると、眠気のせいでむしろ作業効率が落ちるぐらいなので、「平日のカロリー摂取は、最小限でいい!」と開き直っています。

 

 

また、時間的なコスト以外にも、ごはんを食べるにはお金もかかります。

1回の食事にかかる金額はそこまで大金にはならないにしろ、毎日のことなので、朝・昼ごはん代を削減できればかなりの節約になります。

 

月々の生活費は、平均7万円。節約のために「しないことリスト」

 

「1日3食たべない」ことが助けとなってか、最近ではひと月あたりの生活費が7万円を下回る月もありました。

 

 

時間的なコスト・金銭的なコストを払う以外にも、特に昼ごはんなどは、ランチタイムに出かけて混雑しているカフェに入ったりコンビニのレジの行列に並んだりといったこともストレスでした。

朝ごはんやお弁当作りのために早起きをするのも、寝起きの食欲ゼロの状態で半分無理矢理ごはんを食べるのもしんどかったので、そういった手間とか負担みたいなものをほとんどゼロにできたのも、1日1食の大きなメリットです。

 

 

習慣化したくても、「やりたくないこと」は続かない

 

これまでは昼ごはんのメニューを定番化したり、昼ごはんに食べていたものを朝ごはんとして食べるように食事の時間をずらしたりと、「小食生活」に関することは数々のトライをしてきました。

 

【腸活】朝ごはんを食べるとおなかの調子がよくなる(気がする)

 

余談ですが、朝ごはんを食べるとおなかの調子がよくなる気がするのは、結局なぜそうなるのかはわからずじまいでした。
単純に、食べる量が増えたから、というだけのことかもしれません。

 

↑の朝ごはんは通勤中の車内で食べていたのですが、気候があたたかくなってきて原付通勤ができるようになると「通勤の片手間に朝ごはんを食べる」ということもできなくなり、自然とやめてしまいました。

このように、食事に関する習慣については長く続けられても半年ほどで飽きがきてしまったり、状況に左右されたり、「続ける意味」のようなものを見失ったりしていました。

なによりも、例えば「前日の夜の段階で、翌日の朝ごはんやお弁当のことを考慮して、できる準備もしておく」というようなことが苦手なタイプのようで、だんだんと考えているだけでめんどうになってしまうことも多かったです。

 

食べるものを定番化したり、できるだけ単純な手順で食事を用意することが、生活を楽にしてくれるのでは……という考えは今も変わっていませんが、もういっそ、食事は夜の1回だけにして、朝・昼ごはんを食べない生活にしたらどうなるだろう?という試みをしてみたくなりました。

そして、実際に自分の生活のなかで実験をしてみると、朝ごはんを食べなくても、昼ごはんを食べなくても、もちろん空腹は感じるものの、仕事に支障が出るほどのことはないということがわかりました。

 

ということで、しばらくは今のかんじの「ゆる1日1食」を続けてみようと思っています!!

 

 

広告