貯金を減らさないための「特別支出積立金」について

 

各種税金の支払いや大型連休の旅行など、毎月支出するわけではないけど、一度の支払金額が大きいものを「特別支出」として、通常の支出とは別に予算管理しています。

 

【家計簿】特別支出の管理について

 

特別支出の扱いにしているのは、

  • 税金
  • 保険料
  • 医療費
  • 車検の費用
  • ゴールデンウィーク、夏休みなどの旅行代
  • 家族や友人への誕生日プレゼント
  • クリスマスのディナー代
  • 友人の結婚式のご祝儀代、ドレス代
  • 引っ越し費用

など。

 

こういったものは金額や支払時期に予測が立てられること、また「心構えをしないと、金額のダメージが大きくて落ち込む」ということもあって、1年ぶんの予算を年初めに設定するようにしています。

あらかじめ身構えておくことで、いざというというときのためのお金を確保でき、心理的なダメージも緩和されます。

 

 

金額がわかっていれば「積み立て」ができる

 

更に、今後はその特別支出のために、小額でも毎月積み立てをして、「貯金が一気に減るダメージ」を軽減する……ということをしようかと思っています。

 

今までは小銭貯金がその役割を果たしてくれていたのですが、小銭が余ったときにしか貯金ができないことや月によってバラつきがあることもあって、いまひとつ「貯めきれていない感」がありました。

そこで、「特別支出」にかかる年間の予算を÷12してひと月分にならし、その金額を目安として、月々の積立貯金をはじめました。

たとえば、現時点で年間トータル12万円の特別支出が予定されているとして、月々1万円を、これまで小銭用に使っていた貯金箱に放り込んでいく、という具合です。

 

 

貯金と積立金を分けることで、「貯金が減る悲しみ」を回避する

 

家計簿には「特別支出積立金」として金額を記入し、いざ税金などの支払日になったら貯金箱からお金を下ろし、現金かカードで支払をします(現金の時はそのまま支払、カードの時は引落口座に入金)

こうすることで、「貯金用の銀行口座」からゴッソリとお金が減るということがなくなるので、ションボリも回避できます。笑

 

完全に気分の問題ですがこの「気分」がとても重要で、やはり「がんばって貯めたお金が一気に減る」のは悲しいし、節約や貯金のモチベーションに影響します。

それよりも、はじめから特定の用途のためにコツコツ貯めておいたほうが悲しさや悔しさみたいなものも軽減できるし、なにより、「避けられない大きな出費についても、しっかり管理できてる感」があります。

金額を年間トータルでなく月々にならすことで、家計管理もしやすくなります。

 

ただし、これはあくまでも「大きな出費に対する心理的なダメージを軽減するためのもの」で、優先順位はそこまで高くはありません。

しばらくの間は、ひと月のうちに必要な生活費を払い終わって、貯金もある程度確保して、そのうえで余剰金ができれば積み立てにまわす……という運用でいきたいと思います。

 

 

広告