【家計簿】特別支出の管理について

 

エクセル家計簿を使って、月々の予算の管理をしています。

月々の家計簿の費目ごとの出費の横に「予算」の枠をつくり、出費を記入すると今月の残額がいくらなのかが自動的に表示されるようにカスタムしてみました。

 

※この下にズラズラ~と、費目ごとの出費と予算、残額が続いていきます。

 

既に赤字になっている費目もあり、お恥ずかしい。

予算を決める作業は慣れていないこともあり、しばらくはああでもないこうでもないと金額をいじってしまうことになりそうです……。

 

 

予算管理におけるわかりやすさと使いやすさ、両方大事

 

過去には予算ごとに封筒に現金を入れて管理する方法なども試したこともあり、そういう手法は確かに、「今月使えるお金があといくら残っているか」がわかりやすくてよかったのです。

が、管理が煩雑になることやカードが使えないこと、小銭がやたらと増えることなどがネックとなって長続きしませんでした。

 

この方法なら現金を小分けにしなくても、家計簿を開くだけで残額を確認できるので、お金の使いすぎを防止できます。

予算額を超えて出費がかさんでいると、金額が赤文字で表示されるのでわりとハラハラします。笑

 

 

通常支出と特別支出について

 

費目ごとの予算は「通常支出」と「特別支出」のふたつにわけて算出しています。

 

 

通常支出とは…

 

  • 家賃、光熱費、通信費などの固定費
  • 食費・外食費
  • 被服費
  • 日用品代
  • 書籍・ゲームソフト代などの趣味費
  • ガソリン代

などなど、毎月コンスタントに出費のあるもの

 

特別支出とは…

 

  • 税金
  • 保険料
  • 医療費
  • 車検の費用
  • ゴールデンウィーク、夏休みなどの旅行代
  • 家族や友人への誕生日プレゼント
  • クリスマスのディナー代
  • 友人の結婚式のご祝儀代、ドレス代
  • 引っ越し費用

などなど、隔月・一年に一度・数年に一度といった、不定期に出費のあるもの

 

……という分類です!

 

 

特別支出をわけるメリット

 

予算管理をしていて困るのが、毎月コンスタントな出費のある支出とそうでない支出をいっしょくたにしてしまうと、ひと月あたりの予算が平均化されすぎてしまいその月のあいだに使える金額がいまひとつぼやける、ということです。

例えば、夏休み旅行のある8月のレジャー費と、寒くてあまり外出をしない2月のレジャー費の金額が同じ、ということはまずありえないので、予算を一律に「ひと月〇万円!」と決めつけても意味がありません。

家族や友人への誕生日プレゼント代などの交際費も同様で、支出する月日が決まりきっているものについてはその月ごとに予算配分したほうが、より正確な管理ができるはずです。

 

また、このような特別支出は、通常支出にくらべて高額になりがちです。
そのため、実際の出費額と、一律に平均化した予算額とを比較してしまうと、「まあ今月は○○にお金を使ったから、予算オーバーしても仕方ないよな……」とか「先月は予算内だったから、今月は少しくらい赤字でも大丈夫だろう」などの自分への言い訳を生んでしまいます。

より正確に管理するため、かつ自分に言い訳をさせないための仕組みとして、多少手間がかかりますが「通常支出」と「特別支出」をわけるということをしています。

 

 

特別支出は予定化できる

 

もうひとつ支出をわけるメリットとして大きいのが、特別支出は年間のスケジュールと照らし合わせて、必要な金額の予測が立てられるということです。

夏休み旅行の期間、家族の誕生日、車検の日程、住民税や年金の支払い……などなどは、どれも財布からお金が出ていく日が決まっており、なおかつだいたいこのぐらいの金額が必要だろうな、という予測が立てられるものばかりです。

 

振込期限の間際になってあわてて貯金から捻出するより、支出の予定を把握しておくことで、ある程度の心の準備ができ精神的なダメージも最小限に抑えられる、というメリットもあります。笑

更に万全を期すなら、特別支出の年間のトータル金額がわかっていれば、12ヶ月で割って、毎月積み立て貯金をすることで、高額の出費に備える……ということもできます。

 

 

「今年どうしても欲しいもの」も特別支出へ

 

個人的に、今年はアウトドアに力を入れる年にしたい……と思っているので、キャンプ用品をいくつか買い足すことを予定しています。
そういった「今年のうちにどうしても欲しい!」と思うものは特別予算につけることで、欲しいものを計画的に購入するということができます。

これも行き当たりばったりに、欲しいと思うものを思った瞬間に買ってしまっていては、お金は貯まりません。

キャンプ用品の中でもどのアイテムから優先的に揃えていくか、価格帯や性能はどの程度のものがいいのか……などを考えつつ、購入するメーカーやアイテムを吟味していく過程も、それはそれで楽しいものです。

 

 

今年は貯金にガチで取り組みます!!

 

2019年はぜったいに節約と貯金をしまくるぞ~!!と意気込んでいる、年初の今のうちに、家計簿のシステムを見直してフォーマットを整えてみました。
整えてみたところ、思った以上にガチガチに家計管理に取り組んでいる人っぽい家計簿が出来上がりました……。笑

 

どの程度長続きするかはわかりませんが、今年はちょっと真剣に「予算」や「貯金のためのシステム作り」について考えてみたいな~と考えています。

 

 

※予算の立て方については、↓の個別記事で紹介した本を参考にしています。

 

「正しい家計管理」は、お金の貯め方の参考書としておすすめです

 

正しい家計管理

 

 

広告