食洗機は買わない。食器洗いを好きになるためにしていること

 

「買わない」と言いつつ、正確には「買えない」が正解です。

食洗機、以前は欲しいなー、なんとかして設置できないかなー、と思っていたのですが、いろいろ検討した結果、買わない方がメリットが多いのではないかという結論に達しました。

 

食洗機を買えない理由として一番大きいのが設置できるスペースがないこと。
そして、生活するうえで最も優先したいことは「家賃を最小限に抑えること」なので、食洗機を設置できるような、広々としたキッチンのある家に住む予定もありません。

広々キッチンと安い家賃を天秤にかけたら圧倒的に「安い家賃」に気持ちが傾くので、食洗機が買えないのも、まあ落としどころとしては妥当かな~というのが現在の心境です。

 

 

食器洗いが好きになったのは「食器洗い担当」になってから

 

我が家は同居人(夫)とのふたり暮らし、生活費は完全折半・家事は得意分野の分担制です。

 

共同財布の話

 

料理は同居人が担当してくれている(おいしい)ので、私は食器洗い担当。

食器洗いの流れでキッチンのフローリングの拭き掃除などもしています。

 

この分担になる前は、私は食器洗いはさほど好きなほうでもありませんでした。
しかも(たいして真面目にやってなかったとはいえ、)平日の晩ごはん作りもしていたので、今になって当時を振り返ると、けっこう病んでたなぁと思います。

キッチリ家事分担するようになった現在はというと、仕事終わりにゴロゴロダラダラしていてもおいしいごはんが出てくるという素晴らしさをかみしめる生活をしており、食器洗いはわりと嬉々としてこなせています。

 

とはいえ、ただ「やらなければならないことだからやる」というのは味気ないと思い、思いつく限りの工夫を凝らしてみたりはしています。

 

 

食器洗いを好きになるためにしたこと

 

ゴム手袋の導入

 

ゴム手袋は、

  • 手が汚れない
  • 冬でも水の冷たさが緩和される
  • ガス代の節約になる
  • 手荒れしない
  • ビニール手袋より丈夫かつ、コスパ優秀

……などなどメリットがありすぎ、もはや使わない理由が見当たらないほどの、すばらしい家事アイテムです。

手が汚れるのを気にしなくてよいと、掃除するのにちょっと気合がいるようなガスコンロ周りなどの掃除も気楽にできるので、結果として食器だけでなく台所周辺を常にキレイに保つことができます。

 

 

無印の落ちワタ混ふきんの導入

 

無印良品 落ちワタ混ふきん #好きなもの100

 

このふきんもこのブログで推しすぎですが、食器洗い後にシンク周りに飛び散った水を拭きとるだけでなく、コンロ周り・食卓・台所のフローリング・冷蔵庫やレンジの周辺などを拭きまくるのに役立っています。

食器洗いに直接関するものではないですが、台所の清潔感維持のためには欠かせないアイテムになりました。

 

 

食器洗い用スポンジは月イチで替える

 

いろいろな価格帯の食器洗い用スポンジを試してはみましたが、割高で高性能なスポンジを使い続けるより、短いスパンで定期的に安いスポンジに交換するほうがはるかに快適でした。

使っているのはこれも無印の「ウレタンフォーム三層スポンジ」。
3個セットで400円です。1ヶ月ごとに交換したとしても、1日で割ったら約0.4円!笑

スポンジの泡立ちやすさと食器洗いの快適さは直結していると言っても過言ではありません。
1日0.4円で快適な食器洗いライフが送れるなら安いものです。

 

 

フライパンのしつこい汚れは「沸騰+無印のスパチュラ」で落とす

 

食器洗いの大敵・油汚れは、フライパンに1センチほど水を溜めて沸騰させることで、数倍ラクに落とすことができます。

更に無印の「シリコーンスパチュラ」を使えば、スポンジを汚すことなく油汚れをこそげ取ることでき快適&経済的です。

さっきから紹介しているのが無印の商品ばかりですが、無印のキッチン周辺アイテムの性能はほんとうにすばらしいと思います。

 

 

ワイヤレスイヤホンの導入

 

ワイヤレスイヤホンは、ANKERの「Anker SoundBuds」を使っています。

 

 

最近はまっているのが、このイヤホンで音楽やラジオやYoutubeの動画を流しつつ、食器洗いをすること。
特にラジオは車の中ぐらいでしか聞かなかったのですが、家事をしながら聞くと作業がはかどっていいですね。
私は買ったことはありませんが、オーディオブックなどもいいかもしれません。

音楽を聴きながら作業をしたところで、食器洗いの時間が短縮されたりめんどうくささが減るわけではありませんが、作業中の気分や「はかどり感」は、段違いに向上します。

本来なら「ただただ家事をするだけの時間」だった食器洗いタイムを、好きな音楽を聴いてテンションを上げたり、ラジオを聞いて有益な情報を得たりする時間に充てることができるという点では、ワイヤレスイヤホンはとても画期的なアイテムなのではないかと思います。

(ちなみに私が最近はまっているのはメンタリストDaigoさんのYouTubeチャンネルです)

 

 

食べたら即!!洗う

 

食器洗いを先延ばしにすると、時間が経つにつれてめんどうくささが2倍、3倍になっていく感覚があるので、極力食後すぐにとりかかるようにしています。

まれに自分ひとりで食事をするときなどは、最後のひとくちをモグモグしながら食器洗いにとりかかります(行儀が悪い)

「あ~~お皿洗わなきゃ~~~」などともやもやしながらではくつろぐものもくつろげないし、洗うか洗わないかを悩んでいる時間がもったいないので、「食べたら即洗う!」を習慣にしています。

 

 

単調な作業でも集中してできるタイプの人は、食器洗いが「癒し」になるかも

 

これらのことはいずれも、食器洗いを数倍楽しく、ラクにしてくれることばかりなので、食洗機を買う予定はないけどお皿を洗うのも好きじゃない……という人にはかなりおすすめです。

 

食器洗いに対して、作業に没頭する心地よさや、タイムアタック的なゲーム性を見出すことができればこっちのものです。

溜まったお皿=タスクを無心でさばき、台所をフラットな状態に戻す作業は、個人的には自分にとても向いている気がしています。

自分の好みのやり方を確立してそれを習慣化さえできてしまえば、食器洗いはとても楽しいことだし、台所がスッキリきれいに片付くので目に見えて成果が確認できるし、ちょっとした達成感もあります。

身の回りをきれいにすることでなんとなく気分がデトックスされるかんじや、癒されるかんじもあって、私はすごく好きです。

 

もちろん向き不向きはあると思うので、不向きだと思う人は食器洗い機を買うといいと思います。笑

そういう作業が向いている気がする人は、食器は手洗いして、食洗器を置けなくても快適な生活を送り、そして台所をダウンサイジングして生活費を下げる……というのもありなのではないでしょうか。

 

 

広告