【昼食の定番化】スープジャーを買いました

【昼食の定番化】スープジャーを買いました

 

平日、職場で食べるお弁当を簡略化して定番化しています。

 

昼食の定番化について
昼食の定番化について

 

これまでは「朝、チーズを挟んで焼くだけのチーズトースト」などをリピートしていましたが、数ヶ月間も食べ続けるとさすがに飽きてしまい……。
ほぼ炭水化物オンリーで栄養の偏りも気になっていたので、お弁当の仕組みを変えることにしました。

 

 

キャプテンスタッグのフードポットを買いました

 

以前から「かわいいな~」と気になっていた、キャプテンスタッグのキャンプ仕様のフードポットを買いました。

 

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フードポット フードコンテナー 水筒 ダブルステンレスボトル 真空断熱 保温・保冷 HDフードポット 280ml サックス モンテ UE-3439

 

 

最近は晩ごはんのときに味噌汁やスープを多めに作って残しておき、次の日の朝に温めなおして、昼に職場で食べています。

ごはんやパンをセットにする日もあれば、スープだけの日もあり。
あとは、ミレービスケットは相変わらずリピートしています。

 

 

スープランチは手軽で栄養もあり、飽きもこない

 

前の晩の日に多めに作ったスープを、朝に温めてつめるだけなので、お弁当の準備はほんの5分程度で完了します。
野菜多めのスープにすれば栄養も摂れ、毎日出汁や具を変えれば飽きもきません。

なにより「ただチーズを挟んだだけのトースト」などよりはるかに「食事感」があるので、スープランチをはじめて以降、お昼休みが格段に楽しみになりました。

 

スープの中にごはんを投入すれば雑炊になったり、春雨を加えれば春雨ヌードルになったりと、スープランチは意外と奥が深いです。

あと、個人的におすすめしたい具としては、やはり豆腐がダントツで便利です。

安いし、タンパク質もとれて低カロリーだし、味噌・鶏ガラ・コンソメなど、どんな味付けにも対応してくれるしと、あまりにも優秀。

豆腐がもりもり入ってるスープがあればごはんやパンは必要ないかな~というくらい、安価でおなかにたまるので、節約生活のこころづよい味方です。

 

 

キャプテンスタッグのフードポットについて

 

 

今回導入したキャプテンスタッグのスープポットは、見た目もかわいいうえにとても高性能。

朝に温めたスープがお昼休みまであつあつで保温されるので、これからの季節はとても重宝します。
この「お昼に温かいものが食べられる」というのが、もはや革命に近いレベルで、毎日のお弁当の満足度を引き上げてくれています。

ポットを洗うときも底まで手が届いてしっかり洗えるし、パッキンを外して蓋パーツを分解できるので、汚れが残る不安もないのもうれしいポイントです。

 

 

昼ごはんの定番化で節約&朝の準備時間を最少化

 

私は朝に弱く、毎日出勤時間ギリギリまで寝ていたい人間で、「自分のためのお弁当の準備に時間を割く」ということができませんでした(早起きするくらいならコンビニで買う、という発想になってしまう)

しかし、「毎日同じものを食べる」と決めてしまったり「前の日に作ったものを、ただつめるだけにする」などの方法を試みてから、お弁当作りのハードルが格段に下がり、ほぼ毎日の頻度で継続することができています。

 

お弁当がつくれない人のための、お弁当のつくり方
お弁当がつくれない人のための、お弁当のつくり方

 

これが節約にかなり役立ってくれており、コンビニでおにぎりやお弁当を買うと最低でも毎食300円以上はかかってしまうお昼代を、100円以下や50円以下といった金額に抑えることができます。

月に20日間働いたと計算すれば、月5,000円以上の節約になる計算です。

5,000円というとたいした金額ではないと思われるかもしれませんが、私のここ最近の食費が月20,000円程度ということを考えると、結構な割合を占めていることになります。

 

それでもたまにコンビニに昼ごはんを買いに行くこともありますが、週1回の頻度ですら「そろそろコンビニも飽きたな~」となるし、毎日のランチに500円も1,000円もかけるのももったいないので、昼食代は積極的にコストダウンしたいと思っています。

 

 

「昼食の定番化」については、引き続きとりくんでいきたいテーマのひとつです。

どうしても気になっていた「野菜を摂れるようにする」という目標はとりあえず達成できてしまったので、しばらくはこのスープランチスタイルを継続していく予定です。

 

 

広告