2019年6月の生活費と収支表

 

6月の生活費と収支のまとめです。

 

 

5月の連休の影響で本業の派遣収入がかなりしょっぱいですが、副業的なあれこれをちょっとがんばったおかげでなんとか収入13万円台にのっけることができました。

 

あとは、恐々としながら待っていた住民税の支払いが予想していたよりもかなり少なく、嬉しいような申し訳ないような……。

むしろ東京で働いていた頃は、なぜあんなにも税金が高かったのか謎。
毎月の手取りは現在の1.5倍ほどでしたが、税金は現在の3倍近く支払っていたような気がします。

小銭貯金と、5月から積み立てはじめた特別支出積立金の一部を支払いに充てたので、積立金はがっつりマイナスです。

 

 

いくらなんでも赤字すぎる

 

予算比では、いつものことながらの大赤字。

予算を意識しつつ家計管理するのは今年の1月からはじめたことなので、まだ不慣れだったりコツを掴みきれていないのは間違いないですが、それにしてもやりくりがヘタすぎる……。

 

今更ですがこの予算をどのように設定しているかと言うと、通常支出・特別支出すべての支出予定を一覧表にまとめ、年間トータルで手取り収入の50%程度の支出に収まるように調整して算出しています。

つまり今年の目標である5割貯金は、このままでは到底達成できないということです……。

 

予算が見えることで今までより節約意識が高まっているのは間違いないのですが、予算を決めても「その範囲内でなんとしてもやりくりする!!!」という決意のようなものが薄いと赤字は免れないようです。

予算ごとの封筒に現金を入れて、支払いはすべてそこから出すなどの工夫をすればいいのかもしれませんが、手持ちの現金が増えるのがイヤなのとあまりにめんどうなのとで、そこまで徹底することができていません。

 

食費に関しては到底ムリめな予算を設定してしまっている感があり、この部分は下半期から少し緩めようかなと思っています。

どんなにがんばったところで実現できそうにない、現実味の薄い金額を設定したところで、節約のモチベーションが下がるだけです。

食費を上げた分は他の予算を調整して、引き続き「50%の支出・50%の貯金」ができる設定を考えたいと思います。

 

(とはいえ上半期の時点で大赤字なので目標達成はかなり厳しいものがありますが、上半期は上半期、下半期は下半期と気持ちを切り替えていくということで……笑)

 

 

クレジットカードを楽天カードにしました

 

実際に切り替えをしたのは5月頃だったかと思われますが、クレジットカードをエポスカードから楽天カードに替えました。

 

クレジットカードをエポスカードから楽天カードに切り替えました

 

新規にカードを発行したことでウェルカムポイントがたくさんもらえて、6月末時点でのポイント状況がこんな↓ことになっています。

 

 

楽天さん太っ腹すぎませんか!!

とはいえほとんどが「期間限定ポイント」なので楽天市場や楽天関連サイトでしか使えませんが、それでも嬉しい。
夏休みに東京に遊びに行く予定なので、その夜行バス代に充てさせてもらいます……。

 

楽天カードは現在のところ唯一の不満点である利用履歴の計上が遅いということを除けば、ポイントも貯まりやすいし年会費もかからないし、とてもいいカードだと思います。

ただもうちょっと計上は早くしてほしい!!です(家計簿が狂うので……)

 

 

広告