「浪費」と「投資」のマイルールについて

「浪費」と「投資」のマイルールについて

 

節約系・貯金を増やす系の本を読んでいると必ず目にするのが、出費を「消費」「浪費」「投資」の3つに分けるという管理方法です。

 

【消費】
生活するのに必要なものの購入や、使用料としての支払全般をいいます。生産性はさほど伴わないものです。

【浪費】
生活に必要でないもの、今をひたすら楽しむためなどの、無意味な使い方のことを指します。いわゆるムダづかい。もちろん生産性もない使い方です。

【投資】
必ずしも生活に不可欠なものではないのですが、将来の自分にとって有効につながる生産性の高い使い方。(中略)何かを学ぶ、本を読むなども、これに当たります。

(「年収200万円からの貯金生活宣言」横山 光昭 著)

 

 

 

しかし、「浪費」はまだしも、私にはこの「投資」という考え方があまりピンとこず、鉄則といわれるこの仕分けについて真剣に考えたことがありませんでした。

貯金系の本に頻繁に登場する「投資」とは、スキルアップや収入増につながるものなど「もっとお金を稼ぐために、かけるお金」のことを指していることが多い傾向にあります。
横山先生の本では「生産性があるか・ないか」で説明されています。

個人的には、そういった「収入アップや生産性のため」に、今どれだけお金を使っているのか、これからどれだけ使うべきなのかについて、あまり興味が持てなかったのです。

家計簿を振り返って消費や浪費のパーセンテージを割り出すやり方なども、しばらく試してみたことはありますが、「これは自分的には【投資】のつもりなんだけど、はたからみたら【浪費】なんだろうな……」などと考えてしまって、あまり楽しく管理することができませんでした。

 

 

収入につながらなくても「投資」と考える

 

しかし、この「投資」を自分が心から楽しいと思えることにかけるお金、「浪費」をあまり楽しいと思えないことについて、なんとなくorしぶしぶ払うお金と置き換えて考えると、確かに浪費を減らして投資を増やすというのは、生活の満足度を上げるのに不可欠である、と思えます。

 

スキルや収入に限らず、

  • 貴重な経験や体験
  • わくわくすること
  • 心が落ち着くもの
  • 趣味の時間を充実させるもの
  • 旅の思い出
  • 家族や恋人、友人、会いたい人との時間を充実させるもの

これらにかけるお金の配分を増やす、という方法論のほうが、しっくりくるような気がします。

こういったものは直接的に収入が増えたり、教養が身についたり、賢くなったり仕事ができるようになったりするわけではありませんが、生活の満足度を上げてくれるものにはちがいありません。

 

ついでに、もうひとつ重要だと思うのが「健康に対する投資」です。

つまり、心身が健康になるものにかけるお金=「投資」、逆に不健康になるものにかけるお金=「浪費」、と置き換えて考えると、「浪費=やめるべきものである」という主張をすんなりと受け入れることができます。

健康なままでいられれば病院に行かなくていいし医療費が浮く、ということを考えると、「投資」という言葉がよりしっくりときます。

 

 

自分にとっての「浪費」と「投資」を仕分ける

 

この捉え方だと、なにが投資に当たるのか・浪費に当たるのかは、人によって変わります。

たとえば「英会話教室に通う」という事柄については、スキルアップ的な観点からみると間違いなく「投資」です。
が、英語に興味のない人間が周りに強制されて嫌々通い、やりたくもないのに惰性でお金を払ってる……などということになると、お金のムダ=「浪費」でしかありません。

スキルアップすることが自分にとっての「楽しいこと」に直結するとは限らないので、なにが「投資」にあたるのかは自分で決めなければいけません。

 

 

私にとっての「浪費」

 

  • コンビニでの買い食い
    …ついつい買ってしまいがちなお菓子代や昼食代など
  • なんとなく外食すること
    …明確に「これが食べたい!」と思うものもないけど、自炊がめんどうでしてしまう外食代
  • 通勤費
    …車通勤にかけるガソリン代。原付通勤なら半分以下の金額に抑えることができる
  • 動画視聴サイトの月額料金
    …頻繁に見るわけでもないのに、なんとなく継続してしまっている動画サイトの料金
  • 飲み会代
    …行きたくもないのに断りきれなかった飲み会の会費や、二次会代
  • あまいもの代
    …健康に良くないので「浪費」

 

 

私にとっての「投資」

 

  • 書籍代
    …スキルアップにつながるものに限らず、雑誌や漫画なども
  • ゲーム代
    …単純に、趣味なので。笑
  • お茶・コーヒー代
    …ブログ作業のおとも。これからの寒い季節には身体をあたためてくれる役割も
  • ヨーグルトなどのおやつ
    …身体にいいものなら「投資」
  • 温泉代
    …一発で気分をリフレッシュさせてくれる、特効薬のようなもの
  • 旅行代
    …「まだ行ったことのないところ」「どうしても行ってみたいところ」を重視。できるだけ低コストになるように工夫する
  • アウトドア・自転車などにかかる趣味費
    …気分転換と運動不足解消を兼ねられる

 

 

特に上記のゲーム代などは、他人から見れば「時間とお金の無駄!」と捉えられかねないものではありますが、私にとっては夢中になれる趣味のひとつで、多少のお金をかけてもいいと思えるものです。

一般的な「投資」のイメージ(スキルアップ、収入アップなど)からはいったん離れて、自分が本当にお金をかけたい分野はなんなのか?を考えることは、「浪費」(無駄遣い)を減らすことにもつながっていきます。

そして、「これは浪費にあたるな」と判断したものに対しては、予算管理するなどしてできるだけ削減できるようにシステム化するとか、いっそ「今日やめる!」と決断してみるというのもいいかもしれません。

とりあえず私は、ちょうどいい機会だったので、惰性で払っていた動画サイトの契約を解除しました。

 

スキルアップや収入アップができなかったとしても、無駄をそぎ落としていくことで生活の満足度は上げられるし、お金の使い方を最適化することが大事なのではないかな~、と思っています。

 

 

広告