生活のアウトソーシングでラクして暮らす

 

やりたくない家事は、やらない

 

家事に追われて余裕をなくしたり、ストレスを溜めたり人に当たってしまうくらいなら、「いっそ、やらない」ことで、みんな幸せになるんじゃないか?と思うようになりました。

現代社会は分業化が進んでいるので、やりたくない作業は外部発注して代行してもらい、自分のやりたいことだけに力を注ぐことができるようになっています。

そういうシステム自体への是非はあるかと思いますが、いわゆる「ミニマリスト」と呼ばれている人の中にはそういった「生活のアウトソーシング」を活用して、快適に生きている人がいます。

 

 

生活のアウトソーシングについて

 

外食・クリーニング・ホテルなどを駆使すれば自分で家事をしなくても、極論家を持っていなくても生活は成り立ちます。

フリーWi-Fi完備のカフェが近所にあり、コーヒーを飲むついでに利用させてもらえるなら、自宅にわざわざネット回線を引く必要性は薄れます。

本を読みたい時は電子書籍を選択すれば自宅に本棚を設置する必要もありません。
電子書籍のサイトがまるまる自宅の本棚になるようなイメージです。

シャワールームのあるスポーツジムの契約をしているから自宅にお風呂は必要ないという人や、マンションの1階がコンビニになっているので冷蔵庫もパントリーもいらないという人は、いかにもミニマリスト的。

 

生活をアウトソーシングする最大のメリットは、やはり「ものを持たなくてもすむようになる」ことだと思います。

手持ちのものが少なければ少ないほど狭い家でも快適に暮らすことができ、維持費を軽減することも、管理にかける時間を短縮することもできます。

家事を外注して空いた時間を趣味にあてたり、仕事が好きなら仕事をしたり、家族や友人と会話をしたり遊んだりすることで、かけたお金以上の満足感やリターンを得ることもできるかもしれません。

たまに贅沢して外食するぐらいなら、楽しく食事をした後で「また明日から家事をがんばろうかな」という気にもなるかもしれません。
ちょっと息抜きするための奮発であれば、むしろとても健全なかたちで家事のアウトソーシングを利用できていると言えると思います。

 

デメリットはなんといっても「お金がかかること」です。
狭い家に住んで家賃を浮かせても、毎回外食で済ませていては食費はかさんでしまいます。

でも、食べる量を調整すれば食費は減らせるし、どんなに立派なキッチンや冷蔵庫があっても「自分で食事を作ることに時間をかけるぐらいだったら、コンビニで買って済ませる」という人もいると思います。

どの分野をどこまでアウトソーシングするかは、人によってそれぞれ最適解が分かれます。
一概に「自炊がいい/外食がいい」と言い切れないところがあり、多くの人はその両方をとりいれ、自分にとって快適なバランスを保っているはずです。

日常生活においてなにがストレスになるかは人によっても違うので、「お金がもったいないから自宅でできることはした方がいい」とも言い切れないと思っています。

 

 

生活のアウトソーシングに役立ちそうなサービス

 

スポーツジム

  • 効率的に体力づくり、健康維持ができる
  • 運動すること自体へのモチベーションアップになる
  • シャワールームがあれば自宅でお風呂に入る必要がない→光熱費が浮き、お風呂の掃除をする必要もなくなり、いっそ風呂なしアパートに住んで家賃を下げることも可能に

 

ネットスーパー、アマゾンや楽天などの通販サイト

  • 買い物に行けなくても欲しい商品がいくらでも手に入る
  • 田舎暮らし、お年寄り、比較的コアで必要なモノが入手しにくい趣味を持っている人、などと相性がいい
  • 毎日の買い物にかける時間を減らすことができ、重い荷物などを運ぶ手間も省ける
  • 買い物のためにあえて都会に住む必要がなくなるので、地方移住のハードルが下がる
  • 欠点は、取捨選択能力が低いとお金がいくらあっても足りなくなるということと、家の中の不要なものが増えてしまうということ

 

ネットカフェ

  • ネットをするのはもちろん、漫画や雑誌を読んだりコーヒーを飲みながらゆったりできる
  • うまく利用すれば自宅のネット回線代、漫画代、雑誌代の節約になる
  • ヒマをつぶすという意味でなら、安価で長時間利用できてコスパ良好
  • 図書館なども同じ系統に分類される。しかもタダ
  • ブックカフェも近いものがありますね

 

カーシェアリング

  • 車を所有しなくてもよくなる=購入費用と維持費がまるまる不必要に
  • ガソリン代込み、補償料込み、駐車場代込みなど、会社によってオプション的に様々な費用が浮く仕組みになっている
  • 年間でどのくらい車を使うかによって、マイカーを所有するよりも費用がおさえられる場合がある
  • 特に都会に住んでいる人には強い味方になるのでは

 

 

生活をうまくアウトソーシングして、「ラクして楽しく暮らす」

 

生活のアウトソーシングは、上手に使えば「生活のストレスや費用を最小限にしてくれるもの」だと思っています。
上記にあげたようなものだけでなく、もっと色々なサービスがあって、所有物をシェアする系のサービスなどはこれからもどんどん増えていくことが予想されます。

例えば外食などは、節約の観点からみるとどうしても「そんなものにお金を使うなんてもったいない!」と思ってしまいがちですが、
日々のストレスで生活が圧迫されて生きづらくなるくらいだったら、少しぐらいお金を使ってラクしてしまってもいいのかもな~と思うようになりました。

「ラクする」ことで「楽しくなる」ことって、本当はたくさんあるような気がします。

 

日常生活でこなさなければいけないつらいこと、やりたくないことを嫌々繰り返して不機嫌になっているくらいだったら、ちょっとお金の力を借りて、外部にまるなげして、毎日楽しく暮らすのもアリだよな~と思います。

 

 

広告