【好きなもの100】People Tree ジャケット

高知の「Chez vous」という店で買ったPeople Treeのジャケット。
綿100%で柔らかく、細身のシルエットなのに裏起毛であたたかいため、今年の冬もだいぶ活躍してくれました。

中に着るものを選ばないし、スカートにもパンツにもあわせられるので着回しの良さも抜群。

アウターはボリュームがあるものよりスッキリ着膨れしないものが好きで、冬の間はこのジャケットの上にマフラーや手袋、下にパーカーやヒートテックなどを着て寒さをしのいでいます。

しっかり防寒すれば真冬にも着られるため、秋~春の間はだいたいこのジャケットを着ています。

 

 

寒いからといって服を重ね着したくない

 

服を重ね着した時の動きにくさ、重くて肩が凝るかんじ、素材によっては静電気を発生させ溜めまくるあのかんじが苦手で、冬でもできるだけ薄着で出歩きたいのです。

長袖のシャツを着て、カーディガンを着て、アウターを着て…となるとそれだけ手持ちの服の量も増えがちで、クローゼットも圧迫します。
(余談ですがカーディガンも「きちんとした仕事着」感が強くて着こなせたためしがありません)

 

とりわけアウターはクローゼットの中でものすごい存在感を放つので、あまりモコモコしすぎるものは持っていたくないというのが本音。
ニットなどの素材によっては毛玉もできやすく、洗濯機で洗うこともできなくて、圧倒的に扱いにくいのも苦手な理由の一つです。

ヒートテックやマフラーなどの防寒具ならそこまで収納に場所もとらないし、気分にあわせてとりかえたり自宅の洗濯機で洗えたりとメリットが大きいです。

なので、よっぽど気に入ったものでもなければアウターを買い足すことはないだろうな~と思います。

 

 

高知は厚手のアウターがいらない!!

 

現在は高知県に住んでいます。
北国ほど寒くなく、しかも外出にはほとんど車を使っているので、東京に住んでいた頃に着ていたアウターはほとんど不要になりました。

主な移動に車を使うようになると、防寒重視のぶ厚いアウターは邪魔にしかならなかったりします。

晴れていれば太陽熱で車内はエアコンをつけなくても暑いぐらいになりますし、そもそも上着を着たまま運転するのは動きにくくて仕方がないです。
どうしても寒ければひざ掛けやストールで代用することもできます。

趣味の自転車に乗る時はさすがに寒いな~~~!!とは感じるのですが、あたたかくなったらまた乗ればいいだけの話だと思い、自転車はしばらく休ませています。

 

まさか移住することで防寒具を買わなくてもよくなるというメリットがあるとは思わず、想定外の節約ができています。笑

しばらくはこのジャケットひとつでがんばってみようと思います!!

 

 

にほんブログ村 シンプルライフ

 

広告