【我が家の本棚】暮らし系中心、おすすめの本の紹介

 

本を読むのが好きです。
読書量はそこまで多くないし、興味のあるジャンルも狭いのですが、「お気に入りの本がぎゅっと詰め込まれている本棚の前で、悦に浸る」のが大好き。笑

好きな本の紹介は個別記事をいろいろと書いてはいるのですが、ここでは「我が家の本棚の中身」を、サクッと紹介したいと思います。

 

 

「あしたも、こはるびより。: 83歳と86歳の菜園生活。はる。なつ。あき。ふゆ。」

 

あしたも、こはるびより。: 83歳と86歳の菜園生活。はる。なつ。あき。ふゆ。

 

つばた夫妻の著書はほぼすべて揃えているのですが、やはりいちばんはじめに買って読んだこの「あしたも、こはるびより。」は特に強い思い入れがあります。
つばた夫妻に憧れて地方に移住したといっても過言ではないくらい、がっつり影響を受けています。

83歳と86歳の菜園生活。愛知県のニュータウンで、夫婦ふたり。キッチンガーデンで野菜を育て、換気扇のない台所で保存食をつくり、玄関のないワンルームの丸太小屋で暮らす。簡素だけど優雅な歳時記です。

(アマゾン 「BOOK」データベースより)

自分の畑で野菜を育て、自分たちで食べるものを自分たちの手で生みだすことができたら、もしも仮に収入がゼロになったとしても、「畑さえあればなんとか食べていける」という自信や安心につながります。

この「なんとか食べていける」という感覚は、たとえばサラリーマンとして働いて、食べ物はスーパーで買って、家賃や光熱費を払って……という生活をしていたら、なかなか実感できるものではありません。
「もし失業したら、収入がなくなったら、生活が立ち行かなくなってしまう」という考えに囚われると、確実に定期収入を得られる方法(正社員とか、フルタイムとか)でしか働けなくなり、畑を耕すような時間も気力もなくなってしまいます。

でも、「自分の畑がある」というのは一種のセルフベーシックインカムに近いものでもあり、もし自分の食べるものを(100%とはいかないまでも)自分で生みだせるようになったら、「まあ、なにがあっても死ぬようなことにはならないか」と思えるようになるのではないか……。
……という希望的観測から、うちでも細々と野菜作り、畑作りをしています。

あと、つばた夫妻の著書は写真もすごくいいので、読みものとしても、写真集としてもおすすめです。

 

関連記事:

 

 

おひとりさまのゆたかな年収200万生活

 

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

 

おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活」シリーズを描かれているおづさんのコミックエッセイ。
「食費2万円生活」シリーズよりも、暮らしや趣味にかかわることなどが全般的にとりあげられています。

おづさんの節約術のすばらしいところは、生活スタイルをギチギチなルールでしばったり、やりたいことをがまんしたりしている様子がないところ。
むしろちゃんと節約しているのにとても楽しそうでポジティブで、「自分の生活を豊かにすること」「毎日を楽しむこと」を第一に考えて、実行されているんだなということがよくわかります。

絵柄のおかげもあるかもしれませんが、ご本人に「節約しなきゃ!お金貯めなきゃ!」と必死になっているかんじがまるでないのも、こちらとしてもゆる~いモチベーションアップになるのでありがたいです。笑
「今のうちに貯金しないとこんなひどいことになりますよ!」などとやたらに不安をあおられるより、何倍もやる気になれるし、読んでいて気持ちがいい。
こんなふうに「読んでいて幸せになれるような節約本」が、もっともっと増えればいいのにな~、と思います。

 

関連記事:

 

 

スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方

 

スモールハウス (ちくま文庫)

 

世の中の大人が必死に働いてお金を稼がなければいけない理由として、かなり大きな比重を占めるのが、「家賃」と「住宅ローン」なのではないでしょうか。
今払っている家賃、もしくはローンが、「限りなくゼロ」に近くなったら、こんな朝から晩まで働かなくてもいいのに……と、思ったことはありませんか(私は死ぬほどあります)

「畑は一種のセルフベーシックインカム」と前述しましたが、「スモールハウス」もかなりそれに近いものがあります。
月数千円の維持費しかかからない「我が家」を持っていれば、月に数万円単位の家賃やローンのためにお金を払う必要がなくなり、その分だけ労働の負担も減ります。

毎月の家賃の支払いに追われるぐらいだったら、「大きくて広い家」「家賃の高い家」を手放して、「小さくてコスパのいい、低価格な家」を買う方がいい、と思うのなら、この本はかなり参考になると思います。
紹介されているのはほとんど海外のおうちばかりですが、どの人も「大きな家」を建てて住むことに疲れたり、疑問を持ったりして、「小さな家」での暮らしにシフトしはじめているのがわかります。

何千万円もする新築一軒家を何十年ものローンを組んで建てて、その借金を定年まで働き続けて返し続けるという生活を、少しでも「変かも……」「イヤかも……」と思ったら、ぜひ一度読んでみてほしい一冊です。

余談ですが、小屋を建てたら、「天窓付きのスリーピングロフト」はぜったい作ろう、と思います。

 

関連記事:

 

 

自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ

 

自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)

 

1冊まるごと、上記の「スモールハウス」の著者・高村さん自身のおうちが紹介されています。
「なぜ小屋を建てるのか」というところから出発し、実際の土地探しのこと、小屋を建てる過程のこと、建てたあとの暮らしのこと、その生活のすばらしさのことなどが、ぎゅっと盛り込まれています。
どのページもはげしく参考になるし、1冊読み終わった頃には「自分も小屋暮らしをしてみたい!!」という衝動が生まれている、かも!

月1万円の食費があれば生命史上稀に見る高水準の食事が摂れるし、安物のカセットコンロ一つあれば死なないどころか大抵のものは作れる。

面白い本に出会えば2日間一睡もせず、次の日は丸一日寝ていればいい。天気がよくカラっとした日には朝早く目覚めるし、前日夜食を摂り過ぎていれば午後まで寝ていることもある。昨晩何時に寝て、起きたのが何時で、結局何時間睡眠をとったのか知ることすらない。

……などのすばらしい暮らしぶりと説得力に、ことごとく「言われてみれば、ほんとうにその通りだ!!」と思わされるので、感化されて小屋を建てるまでいかずとも1冊の読み物としておすすめです。

 

個別記事

 

 

20代で隠居 週休5日の快適生活

 

20代で隠居: 週休5日の快適生活

 

フルタイムやパートタイムで働いている人で「会社が週休5日だったらな~!」と思ったことがない人は、いないのではないでしょうか(私は死ぬほどあります)

週休5日で年収90万円、そして東京都内住まい(!)。やろうと思えばできるものなのだと目から鱗が落ちるばかりの1冊です。
続編もあります↓

 

年収90万円で東京ハッピーライフ

 

私も基本的には「ゴロゴロ」「読書」「ブログ」「家事と断捨離」が趣味の人間なので、今よりももっとたくさんのお給料が欲しい!とか、ひとりでは使い切れないくらいのお金が欲しい!と思うことは、あまりありません(あまり、ですが)
たくさんのお金よりも自由に使える時間のほうに魅力を感じるし、「可処分所得」より「可処分余暇」が多いほうが、きっと幸せになれるにちがいないと思っています。
実際、去年1年間、無職でゴロゴロしまくっていたときは、最高に幸せでした。

「20代で隠居」には、そんな「自由な時間」を、読書や家事・お菓子作り・ティータイム・野草探しなどなどに充てている様子が描かれていて、もうもう、心底羨ましくて仕方がありません。笑
私も将来はぜったい週休5日を実現しようと思います。

 

 

はたらかないで、たらふく食べたい 「生の負債」からの解放宣言

 

はたらかないで、たらふく食べたい 「生の負債」からの解放宣言

 

ワニブックスのwebマガジンで雨宮まみさんと対談されてる記事を拝見して、なんていいことをいう人なんだろう……と思い、著書を即買いしました。

「はたらかないで」云々の是非はあるとは思うんですが、私は本の中で出た、ある女性が言い放った「貧乏くさい」というワードが印象に残りました。
(女性の台詞は↑の対談の2ページ目に掲載されているので、ぜひご一読を。すごいです)

ミニマリストやナチュラル志向の方々には共感いただけるような気がするんですが、「貧乏くさい」っていう感覚自体、ものすごく古臭い感覚だと思うのです。
一昔前、ものとお金にあふれてててそれが幸福だと信じて疑わなかった時代を忘れられない、バブリーで表層的な部分しか見えていない言葉です。

消費をすること、やみくもにお金を使うこと、それを至上の楽しみとして、そのためだけに働くこと……に囚われると、この女性のような思考になってしまう(そして、その価値観で生きていない人に対して、「貧乏くさくて気持ちわるいんだよ」となる)んだなぁと思うと、なんだかとてもおっかない。

いろいろな意味で衝撃的な1冊で、この本を読む以前と以降で、あきらかに自分の価値観の一部が変容したのを実感しています。笑

 

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。増補版 (ちくま文庫)

 

ただ断捨離で家の中を片付けるというだけではなく、「必要最小限のモノで暮らすことで、生活を豊かにする」というスタイルそのものを提案した、ミニマリストにとっては原典と言っても過言ではない一冊。
……ですが、私がこの本を読んだのは、既に家の中のものをおおかた断捨離したあとでした。
それでも、この本には、頭の中でモヤモヤと思い巡らせていたことをわかりやすく言い当ててくれて、文章に落とし込んでくれているような心地よさがありました。

表紙になっているお部屋は、出版当初は世の中にかなりの衝撃を与えていたように記憶しているのですが、今となってはすっかり見慣れた感があります。笑
どちらかというと、自己啓発系よりもエッセイよりの断捨離本です。

内容としては、著者の「なぜ家の中がモノであふれてしまったのか」⇒「なぜモノを減らそうと思ったか」⇒「どうやって減らしたか」⇒「減らしたら、どうなったか」、という体験談を中心に展開されています。
誰もが心のどこかで感じている違和感の正体を分析して、「それは本当に必要なものか?」を問いかけるような表現になっています。

定期的に読み返すことで、「身軽な生活をしたい!」と思いはじめたころの気持ちを思い出すことができる、大事な一冊です。

 

 

個別記事

 

 

月3万円ビジネス

 

月3万円ビジネス 100の実例

 

「フルタイム・週休2日で働いて月30万円稼ぐ」のではなく、「月3万円稼げる仕事を10個、並行して働く」=「複業」という働き方を提案している本です。

ひとつの仕事で月3万円だけ稼げばいいので、

  • 無理に売上を追い求めたり、他者と競合しなくていい
  • 自分が本当にやりたい仕事ができる
  • 自分のペースで働くことができる
  • ひとつの事業でまったく稼げなかったり、頓挫しても、他の事業でカバーできる

などなどのメリットがあります。
この働き方で、必要最低限の生活費だけ稼いで暮らすのを目標としています。

この働き方のいいところは、「文章も書きたいし絵も描きたいし、カフェも雑貨屋もやってみたい、植物や野菜を育てて売るのもいいし、あと本屋もやってみたいし、旅しながら仕事するのもいいな~」……という、非常に移り気な私のような人間でも、どれかひとつに絞らなくてもいいんだ!と思えたところ。
もちろん全てを実現することはできないにしろ、「仕事は必ずしも一本集中でなければいけないとは限らない(むしろ分散したほうがリスク管理にもなる)」という視点が得られたのがよかったです。

 

個別記事

 

 

 

この記事は随時更新していきます!

 

 

広告