押入れの収納について

 

現在のアパートに引っ越してきてそろそろ1年が経とうとしています。
1年経ってようやく、押入れの中身の状況が落ち着いて、ものの住所が決まってきました。

 

 

押入れの中のものの住所あれこれ

 

 

左上:鞄と帽子

 

私と同居人の鞄と帽子を、つっぱり棒+S字フックで吊るす収納しています。

鞄と帽子はどうしてもかさばるものだし、かといってそのために専用の収納用品を買うのもなんだなぁと思い、現在このような形に落ち着いています。

 

 

右上:私の服と、同居人の服の一部

 

私の服はほとんど全てをハンガーラックにかけて収納しています。
ハンガーにかけると型崩れしそうなニットなどは、手前にすのこを敷いて平置きで。

同居人の服はアウターやスーツ・Yシャツなどが主。

 

以前は私の服の収納のために衣装ケースを使っていたのですが、断捨離をしまくった結果、ハンガーラックに納まりきる量まで減らすことができました。

中には丈が長すぎてハンガーにかけて保管することができず(ワンピースなど)、仕方なくたたんで衣装ケースに収納していたアイテムもありました。
が、その辺りの問題は「ハンガーラックにかけられないワンピースなどは処分&買わない」を徹底したことで無理やり解決(?)しました。

 

 

 

左下:シーズンオフの布団・リサイクルショップやメルカリで売れ待ちの在庫や梱包材など・同居人の趣味道具

 

奥にはシーズンオフの掛け布団や毛布、湯たんぽ、シーツの替えなどをプラスチックケースに入れて保管しています。
今は冬なので布団類はすべて表に出していて、かわりにDIYで使った木材の派材を入れています。

 

手前に私がメルカリで出品しているものと、発送のための梱包材や切手などを保管。

メルカリは一時期とてもお世話になっていたのですが、現在はそこまで熱を入れているわけでもありません。
なので、不要品はリサイクルショップに買い取ってもらって、コーナーを縮小することを予定しています。

 

リサイクルショップに持ち込むために溜めている不要品は、紙袋の中にストック。
着なくなった服や使わなくなった雑貨をとりあえず放り込んで寝かせておけば、本当に不要なのか見極めるための猶予もできます。

注意点はこの紙袋にいっぱいになったら、その都度リサイクルショップに持ち込むこと。
そうしないと押入れが「不用品入れの袋」だらけでいっぱいになってしまいます。

 

同居人の趣味グッズはハードケースに入れて収納。

あとは押入れの天袋も、シーズンものの趣味グッズ入れになっています。
でもこのあたりは、私はいっさい手を出さないことにしているので(出すと喧嘩になる。笑)、かなりのブラックボックスと化しています……。

 

 

 

右下:私の私物と、同居人の服の一部

 

同居人の服(Tシャツやボトムスなど)は衣装ケースに収納しています。

とはいえ同居人もそこまで服を持っているわけではないので、一段だけ貸してもらって、私の私物入れにしています。
中身は携帯ゲーム機やソフト、カメラ関連のもの、現金、携帯電話、常備薬、通帳などの貴重品、吊るして使える洗面用具ケースなどなど。

 

 

表には出しておきたくないけど、頻繁に出し入れしたり使用頻度の高いものを入れています。
あとは夏物の洋服も1~2着、奥の方にしまっています。

 

ちなみに衣装ケースに雑誌や本がもたれかかっているのは、私がよく読む本をとりあえず置く場所として押入れを利用しているためです……。

寝る前などちょっと時間があいた時に読むのに手に取りやすくて、ついつい溜めてしまっています。

 

 

押入れの奥行を活用するには、使用頻度で前後の住所を決める

 

押入れってやたら奥行があって、奥にものを入れ込んでしまうと取り出すのに不便なのが難点です。
それでも、使用頻度の高いものを手前から並べていけば、日々の生活でストレスを溜めなくてもすむようになります。

鞄や帽子の収納のためにつっぱり棒とS字フックを使っているのですが、やはり一番奥のものは少し取り出しにくいです。
なので、一番奥には私の旅行用バックパックを入れています。

 

他にもシーズンオフの布団などをプラスチックケースに入れて奥の方に設置することで、頻繁に出し入れしないストックとして保管しておくことができます。

衣装ケースを使う場合も、奥から手前にかけて使用頻度の高い順に配置していけば、毎回引き出しを全開にして引き出さなくてもよくなります。
本当は一番奥はなにも入れていない状態が理想なのですが、シーズンオフの服などで愛着のあるものを収納しています。

 

 

「押入れの扉」は必要なかったので、速攻で取っ払いました

 

あともうひとつ、押入れを快適に使うためにやったこととして、「押入れの扉をとってしまう」というのがあります。

この押入れにもともと備え付けられていた木製の引き戸がやたら重くて、ものを出し入れする都度、微妙~なストレスを溜めさせられていました。

扉がついていると収納の左右でも「取り出しやすい場所/取り出しにくい場所」が発生するのもいただけなかったので、思い切って取っ払ってしまいました。

 

結果として常に押入れの中身が丸見えの状態ではあるのですが、

  • ごちゃごちゃしたパッケージなど、見ていて不快になるようなものは置かない
  • 見栄えがよくなくても保管しておかなければいけないものは、ケースの中に隠す収納をする

このふたつを徹底することで、「押入れの中身が丸見えでも問題ない状態」をキープするようにしています。

服や雑貨など、見えて困るようなものはどんどんアップデートしていくことで、「視界に入るだけでしあわせになれるもの」に囲まれて暮らすことができるのでは……という試みです。

 

以上、押入れに関してのあれこれでした。

 

 

広告