オフグリッド生活実現のために

 

オフグリッド生活へのあこがれが、ムクムクと高まってきました。

 

 

電気・水道・ガスは「ライフライン」と呼ばれるだけあって、どれも「もうい~らない!」と簡単に手放せるようなものでもありません。

しかし、近ごろ自分のなかでバンライフへのあこがれが急速に高まってきたこと、また自家発電の方法を解説しているブログやサイトを巡回していることもあり、電気に関しては「もしかしたらやれなくはないかも?」と思える部分もあります。

電気をほんの少しでも手放すことができたら、電気代の節約になるのはもちろん、電力会社に依存した生活をしなくてもいい、生活スタイルが自然とミニマルになる、環境に優しくなれるといいことづくめ。

完全オフグリッドでなくても、それを可能にできるレベルまで、少しずつ「電気代のダウンサイジング」をしていくことは可能です。

 

 

現状使っている家電

 

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • エアコン
  • 電子レンジ
  • トースター
  • 炊飯器
  • 照明×3
  • 小型照明×2
  • パソコン×3
  • スマホ×3
  • ネットのモデムとルーター
  • テレビ
  • ゲーム機

 

一般家庭にありそうなものはたいてい使っています。
テレビは滅多に見ないので手放すことも不可能ではないのですが、それ以外のものはどれも毎日に近い頻度で稼働しています。

 

 

自宅にソーラーチャージャーを搭載する

 

ゆくゆくは自家発電だけで生活するのを目標に、そのとっかかりとして、パソコンやスマホ・携帯用ゲーム機あたりの充電はソーラーチャージャーでまかなってみたいと考えています。

ソーラーチャージャーって色々な種類が出ていてとても迷うのですが、レビューなど読み込んで、無理のない価格帯のものをひとつ購入することを検討中。

固定のネット回線を解約してポケットWi-Fiを使うようにすれば、モデムとルーターは必要なくなります。
ポケットWi-Fiはパソコンから充電できるので、ソーラーチャージャーからの供給でおさめたいところ。

 

 

少しでも電気を使わない生活にシフトする

 

  • 冷蔵庫→買ってきてすぐに食べる、常温保存できる食べ物を買う、クーラーボックスを使う
  • 洗濯機→手洗いする
  • エアコン(クーラー)→真夏の昼間は外出する、家の中が涼しくなる工夫をする
  • エアコン(ヒーター)→厚着する、湯たんぽを使う、身体が温まるものを食べる
  • 電子レンジ・トースター→使わない、料理の温めは鍋orフライパンorガスコンロのグリルで
  • 炊飯器→鍋で炊飯、もしくは自宅ではお米を食べない
  • 照明→夜は寝る!笑

 

どれもこれも簡単にできることではないですが、これらのことをすべて実現できれば、電気代0円も夢ではないような気がします。

 

自炊中心の生活でも冷蔵庫を手放すにはどうしたらいいのか

 

 

広告