「ジーンズのポケット=財布」状態からついに卒業!!新しい財布を買いました。

 

現金を極力持たずクレジットカード決済のみで生活するようにして、現金を使う機会がとても少なくなりました。

平日の外出時に持ち歩くのは、クレジットカード・キャッシュカード・免許証の入った、無印良品のアルミカードケースのみ。

 

 

現金を持ち歩くのは休日、現金でしか支払いのできないカフェやレストランで外食をするときか、あとは100円ショップで買い物をするときぐらいに限られていました。

そうすると現金をたくさん入れられる財布は必要なくなり、バッグをできるだけ小さく・軽くしたくて財布自体を持たないようになり……。

最終的にはジーンズのポケットが現金入れになって、現金での支払が必要な時はポケットから裸のお金を取り出して支払う、というようなことを、もう1年以上は続けていました。笑

 

とはいえ、旅先などアクティブに動き回る場合はお金を落っことしそうになって不安だし、友人との食事や職場の飲み会などで現金を取り出す場面でそれはあまりに見栄えがよくないので、手持ちの財布も保管して、必要に応じて使っていました。

 

 

たまたま見かけた小さい財布に一目惚れ

 

手持ちの財布はそれこそ10年ほどは使い込んだもので、壊れてこそないものの、まるでビンテージのような貫禄が備わってしまっていました。

どこかのタイミングで買い換えたいな~と思ってはいたのですが、先日雑貨屋さんに立ち寄った際に出会った、この黄色くて小さい財布に一目惚れ。

 

 

 

内側のカラーはグレーで、個人的にはこの色味が表側の黄色とあいまってドストライク。

三つ折りでコンパクトだし、カード入れは3枚+1枚収納可能で日頃持ち歩いているクレジットカード・キャッシュカード・免許証が収まるし、お札入れが開きやすく紙幣が取り出しやすいのも◎!!

 

そして一番気に入った点はというと、小銭がたくさん入らないというところ。

小銭入れが小さいのは人によってはデメリットかもしれませんが、私は基本的にはキャッシュレス決裁メインで現金は必要最低限のみ。小銭は小銭貯金をしているため、大きな小銭入れは必要ありません。

この小銭入れのサイズ感が一番の決め手になり、運命的な出会いを感じたので、即購入に踏み切りました。

 

 

小銭ができたら、帰宅後すぐに小銭入れを空に

 

実際の運用としては、買い物や食事で現金払いが発生して小銭ができたらとりあえず財布の小銭入れに(場合によってはかなりキツキツの状態にはなりながらも)一時保管します。

帰宅後はすぐに鞄から財布を取り出し、レシートを出すついでに小銭入れも空にし、100円玉以上の硬貨は小銭貯金箱へ。

50円玉以下の硬貨は週に1回程度、ゆうちょATMを使って預金しているので、クリアパックに移し保管をしています。

この50円以下の硬貨の扱いについては改善の余地がある気がしています(硬貨のATM入金ができる大きめの郵便局まで行くのがめんどう、とか……)が、あまり家の中にいろいろな種類の硬貨が貯まっていくのもイヤで、今のところこの状態に落ち着いています。

 

ついでに家の鍵をこの小銭入れに入れてしまって、キーホルダーやキーケースを持ち歩く手間も削減。

この財布を買ったことで、無印のカードケースとキーホルダーのふたつを手放すことができ、ポケットを財布がわりにする必要もなく、カード・現金・家の鍵の3つのものをひとつの財布に集約することができました。

ただ、この「貴重品をひとつのところに集約して持ち歩いている状態」は、紛失や盗難があったときにダメージが大きいというデメリットもあり、一長一短だなと思いながら生活しています……。

 

 

 

財布は常に持ち歩くものであり、デザインと機能の両方に納得して使わないと、かえってストレスのもとになってしまうものでもあるので、かなり慎重に吟味していました。

三つ折りでカードの収容枚数は3枚程度、容量少なめの小銭入れの3点を備えていて、しかも見た目も好みのものを偶然見つけられたのは、奇跡に近かったと思います。

この奇跡の出会いのおかげで、この財布は現在、手持ちのもののの中では1・2を争うほどのお気に入りになっています!

 

 

広告