「自分のデスク」がほしい。切実にほしい。

 

最近、ブログをちょっとがんばっています。

じっくり腰を据えてアウトプットをがんばっていると、どうしても気になるのが、「自宅で作業するための環境が整っていない」こと。
この1年間目をそらし続けていましたが、この家、私の「作業スペース」が、ないです。

 

 

私も「仕事場」がほしい!!

 

現在住んでいるアパートは2DKで、そのうち1部屋は同居人の仕事場(在宅ワーカー)、1部屋はベッドルーム兼リビングになっています。

 

リビングには一応ソファがあるものの、「ソファ+ローテーブル」での作業はどうやったって腰~背中にきます。
ソファはあくまでもゆったりくつろぐための家具で、作業をするための場所にはなりえないことを痛感させられます。

「床に直座り+ローテーブル」での作業も試してみたのですが、それはそれで足が痺れて、長時間の作業に耐えるかんじではありませんでした。

 

同居人は自宅でガッツリ仕事をしていて、テレビ会議や電話などのやりとりも多いため、1部屋がまるまる仕事場として使われていることに不満はないのです。

ないのですが、私も椅子に座ってパソコンの作業がしたい!!
カフェやコンビニの休憩スペースに出向けば集中して作業はできるのですが、寒いときは外に出るのがすこぶるおっくう!!
自宅で、普段ガッツリ生活しているベッドの上やソファなどではなく、「デスク+自分専用の椅子」という環境でブログを書きたい!!

という欲求がムクムクと高まり、自宅に、集中して作業ができるような場所を作りたいと思うようになりました。

 

 

即席の「仕事場」を設けました

 

2DKのうち2部屋はすでに「同居人の仕事場」&「完全生活スペース(くつろぐための場所)」として埋まっているので、残された空間は「DK」のみ。

 

 

というわけで、とりあえずの即席の「私の仕事場」を、ダイニングのテーブルに定めました。
ふだんごはんを食べている、まさにその場所で、このブログを書いています。笑

 

ただ、このダイニングの作業スペース、

  • エアコンが遠くて寒いのが難
  • トイレやお風呂が近くて気分的に難
  • 目の前がキッチンなのも難

という難だらけの空間になっており、ここでの作業を長続きさせられるどうかははなはだ疑問です。

特に今の時期、床が本当に冷たくて、現在は湯たんぽの上に足を乗せて寒さをしのいでいます。
視線をあげると乾燥中の牛乳パック、足元には洗いものの溜まった洗濯カゴという所帯染み加減もどうかと思います。

 

 

広い家に引っ越すという選択肢はない

 

「自分の仕事場」が欲しいという願いは切実なものなのですが、だからといって「広い家に引っ越したい!」とはなりません。

広い家はそれだけ家賃が高いし、掃除の手間も増えるし、いいことばかりではないです。
現状の2DKぐらいの広さの家のほうが、自分たちの「必要最小限」にマッチしているという自覚があります。

なんなら使用頻度の低い家具のひとつふたつ断捨離してしまえば「空いている空間」をつくりだすことはできるし、なにごとも工夫次第で、「いまあるもの」の中で解決したほうが、圧倒的に楽しい。

 

ひとまずこのダイニングで作業をしてみて、微妙そうだったら別の手段を考案したいと思います……。

 

 

 

広告