メルカリと、メルカリを使った節約術について #好きなもの100

メルカリと、メルカリを使った節約術について #好きなもの100

 

私にとっては、もはや生活に必要不可欠な存在となっている「メルカリ」。

ここでくどくどと説明するまでもないほど、このうえなく便利なアプリであることはもはや周知の事実だと思うので、今日はざっくりと「私とメルカリ」的なテーマで語りたいと思います。

 

 

(今さら説明するまでもない)メルカリのメリット

 

メルカリは、荷物を自分で発送しなければいけなかったり、出品者や購入者とのメッセージのやりとりがあったりと、めんどうな部分が少なからずあり、それによって敬遠している人も多いのではないかと思います。

しかし!そのめんどうくささを補ってあまりある利点として、「リサイクルショップなどに買い取ってもらうよりはるかに割高で売れる」ということがあります。

仲介者は「アプリ(手数料)と宅配業者(配送料)のみ」というシンプルなシステムでものを売り買いできるし、値段も自分で決められるということもあり、リサイクルショップなどではごくありがちな「不要品を買取してもらったけど、二束三文だった……」というガッカリを避けられます。

 

 

節約と持ち物の最適化とを両立したいなら、「メルカリ」を使わない理由がない

 

前述のようにメルカリは「高い金額で不要品を売りに出すことができる」という大きなメリットがありますが、「アプリの利用者が多いので、わりとすぐに買い手が見つかる」=「不要品を早い段階で手放せる」というのも、忘れてはいけないポイントであるように思います。

もちろん、リサイクルショップに買い取ってもらうほうが、即金性の観点でははるかに有利です。
しかし、繰り返すように買取価格はそこまで高額にはならないことが多いし、かといってそのような業者さん以外に「中古品を買い取ってくれる市場」のようなものがありません。

あるいは、公園で開催しているフリーマーケットなどに出店するのもひとつの手ではありますが、それよりもはるかに手軽に、そしてはるかに多くの人に出品物を見てもらえて売り切るのも早いという点で、メルカリはあまりにも優秀。

 

結果として、家に眠っている不要品が「わりと早い段階で現金に換わる」こととなり、断捨離がはかどります!!

 

 

不要なものを売ったお金を使って、欲しいものを割安で買うことができる

 

もうひとつ、メルカリのメリットとして、「買う時も確実に割安の値段で買える」というものがあります。

売られているものは一度は人の手に渡った中古品なので、それに抵抗があるという人はむずかしいかもしれませんが、メルカリは「どうしても欲しいものを、できるだけ安く手に入れたい」というニーズにも応えてくれます。

私はこの「安く買えて、高く売れる」というメリットを利用して、本やゲームソフトなどに関して、「欲しいものは次々に購入して、使い終わったり飽きたりしたら即出品する」というサイクルで楽しんでいます。

 

 

特におすすめなのがゲームソフト

 

私はゲームが趣味なのですが、遊び終わったり、「なんか期待してたほどおもしろくないな……」と放置してしまっているようなゲームは、かならずメルカリを使って現金化するようにしています。

ゲームは話題になっているものなら出品直後に売れることもありますし、そうでないものだったとしても、価格を相場以下にしてしばらく放置しておけばいつの間にか売れていることが多いです。

ゲームソフトはモノも軽くて薄いので、送料も定形郵便の82円~らくらくメルカリ便の195円の範囲に収まります。

 

また、ゲームソフトのやりとりはメルカリ内でも比較的にぎわっている分野のようで、購入する側のときにも「欲しいゲームが出品されてないよ~」となることもありません。

メルカリのおかげで、「ほんの数百円~せいぜい数千円程度の出費で、やりたいゲームをひととおりプレイできる」という、一昔前では考えられなかったような遊び方ができています。
いい時代になったな~。

 

 

メルカリのおかげで「欲しいものを我慢する」ということがなくなった

 

「もし使わなくなってたとしても、メルカリで売ればいい」と思えば、購入に二の足を踏んでしまうような高価なものでも、「えいや!!!」とおもいきって投資することができます。

最近の個人的ヒットアイテムでは、MiMCのミネラルリキッドファンデーションなども、「もしだめでもメルカリで売れる」ということを織り込み済みで購入したもののひとつです。
(MiMCのファンデは、結果として手放すこともなく愛用しています)

もし買ったものを使わずに捨ててしまえば100%の無駄遣いですが、その割合を数十%レベルで下げてくれるのがありがたすぎる。
買う前から売る時のことを考えておき、メルカリで売れやすいものを見極めて買う、というのも節約のテクニックとしては有効です。

 

また、とにかく家の中の不要品を洗い出してガンガン出品し、欲しいものを買うための資金にするというのも、モチベーションとしてはおおいにアリだと思います。

断捨離も節約も両立できて、欲しかったものも買えて、自分への投資のハードルも下げてくれて、無駄遣いのリスクを最小限にしてくれる……。

もしもメルカリが倒産したら、私もいっしょに路頭に迷ってしまうような気すらしています。笑

 

 

まとめると、

  1. いらないものをメルカリポイント化する
  2. メルカリポイントを使ってほしいものを買う
  3. 買ったものをメルカリで売ってポイント化する

このサイクルをうまく繰り返していけば、たとえ現金がなくてもほしいものが手に入るという、あまりに未来すぎる生活を送ることができます。

もちろん、利用手数料や配送料にいくらかの必要経費はかかりますが、それでも「不要品をポイント化して、買い物に転用できる」というのは、フリマアプリが登場する以前にはありえなかったことだと思います。

配送の手配や準備に手間がかかる、手数料が高い……などの欠点はありますが、こと「節約」に関していえば、メルカリを使うメリットは、デメリットを考慮したとしても計り知れないものがある、と言えます!

 

また最近は少なくなりましたが、「ファッションアイテム用クーポン」とか「出品して売れたら300円クーポン」などの割引クーポン配布もあるので、そういったサービスもうまく活用すればほしいものを手に入れつつ黒字にもっていくことも、不可能ではないかと。

(特にお年玉の時期はねらい目です……)

 

 

出品時のポイント

 

最後に、私がメルカリを使うときに「こうすれば出品のときの工数を減らせて、めんどうも減る!」と思い実践していることを列挙します。

流儀は人それぞれだと思いますが、あくまでも「こういう使い方をしているやつもいる」程度のご参考までに……。

 

  • 商品の説明文に「値下げ禁止」「まとめ売り・バラ売り禁止」などの注意事項を書いておく
  • めんどうなコメントは即削除(値下げ禁止って書いてあるのに交渉してくるとか)
  • 安全性が不安ならメルカリ便(匿名配送)を活用する
  • メッセージのやりとりのテンプレートを辞書登録しておき、作業時間を短縮する

 

良いメルカリライフを!!

 

広告