【好きなもの100】MDノート

 

最近はMDノートをアイデアノートとして使っています。

 

 

以前は正方形に近いクロッキー帳を使っていたのですが、持ち運びがしにくいことがネックになってあまり使わなくなってしまったので、MDノート+専用カバーに移行しました。

 

MDノートはデザインもシンプルですばらしいし、書き心地もいいし、サイズも色々と出ているので使い勝手が非常によろしいです。

私はノートは罫線がないものが断然好きなので、無罫の新書サイズを選びました。

見開きにすると紙面が完全にフラットになって、「左ページの右端は綴じ部分が手にあたって、文字が書きづらい」などということがないのも嬉しい。

専用カバーをしていれば汚れにくいし、バッグの中でヨレてぐしゃぐしゃになるのも防げます。

 

 

ノートに書くこと

 

書いていることは、

  • 思いたった時に手癖に任せて絵を描いたり、
  • 今考えていること・やりたいこと・ToDoリストなどを思いつくままに書き出したり、
  • DIYの設計図を書いたり、
  • 日記的なことを書き留めたり、
  • 旅の行程をメモしたり、
  • 本やブログ・YouTubeなどを見ていて、参考にしたいことや覚えておきたいことを書き留めたり……。

最近は「ブログの下書き」としての意味合いもかなり強くなってきました。

 

頭の中でぐるぐる堂々巡りで考えていることも、書き出してみればスッキリ整理・分類することができます。

「やりたいこと」に関しても、ただ「やりたいやりたい!」と考えているだけでは時間が経つにつれ忘れてしまったりモチベーションが下がることもあるので、できるだけ紙に書き留めるようにしています。

あとは手を動かして書いた方がより「デトックスしてる感」があります。気分の問題です。笑

 

 

ふせんの活用法

 

 

ニトムズの半透明ふせんがお気に入りで、ノートの中でも活用しています。

  • 週一でやる掃除のリスト
    →作業完了したら「未エリア」から「済エリア」に移動させて、「やったこと」を見える化
  • 単発のToDoリスト
    →やらなければいけないこと、やりたいことをひとつずつ見える化し、終わったらふせんを捨てる
  • ウィッシュリスト
    →欲しいものを見える化、買ったらふせんを捨てる
    リストを眺めながら「どういうものが欲しいのか」「そもそも本当に必要か」などを熟考する
  • ブログに書けることをピックアップ
    →思いつくままに書きなぐったメモの中に、ブログの記事として昇華できそうなものがあれば、ふせんを貼って目印に
  • 過去に書いたメモへの追記や訂正
    →ニトムズの半透明付箋なら下が透けて見えるので、過去のメモの追記や訂正に最適

などなど。

 

 

「思考のストック場所」があるだけで、思考そのものが捗る

 

考えていることをノートにまとめていると、書いているうちに思考が深まっていき、より深層まで、どこまでも掘り下げていけるような感覚になることがあります。

また、書いているうちに全く別のアイデアが派生して、それが展開して色々なところに飛び火するようなこともあります。

「思考を文章として残す、見える化する」ことで、その思考そのものに囚われず、もっと深いところや全く別の場所へ向かうことができる=「思考の横移動・縦移動」ができるようになります。

この思考の視野が広がるかんじ、どこまでも深く・広く考えが及ぶかんじは、手を動かして文章を書いている時ならではの感覚だと思います。

 

パソコンのメモ帳で書くのもいいのですが、どうしても「PCを開く」「PCを持ち歩く」「電源やバッテリー残量を気にする」というハードルがあり、そうなるとなかなか腰が重くて、「書く」というところまで行きつけないこともあります。

スマホならいつでも思い立った時に考えを書き留められるし、今風でいいとは思うのですが、「画面の狭さ」や「操作のもどかしさ」、「文字の打ちにくさ」がネックになります。

スマホは「ツイッターやインスタグラムで投稿する」などの、「思い立った瞬間の短文・画像のアップロード」には最適なのですが、長い文章をつらつらと書くような作業には向いていないような気がします。

 

紙のメモ帳なら、

  • 持ち運びやすいサイズや書き心地を自分で選ぶことができる
  • スタートアップが簡単
  • 電源を気にする必要がない
  • 細かな操作性が気になるようなことがなく、書く作業に集中できる
  • ストックを手軽に、広い視野で見返すことができる

などなどの利点があります。

デジタルの良さ・アナログの良さをいい具合に使い分けて、考えを広げたりまとめたり、インスタグラムなどで他者と共有したりするのも楽しい。

 

過去の手帳やノートを手元に残しておくのは、ミニマリズム的には賛否ありますが、私は「手帳やノートはわりと残す派」です。

今後はMDノートを定番にして書き溜めていって、いつか「過去の思考のライブラリー」みたいなものを振り返って眺めることができたら楽しいだろうな~、とぼんやり計画しています。

 

 

わたしの手帳の書き方

 

 

広告