台所のDIY、じわじわ進行中

 

新しいアパートの台所。

「キッチン」というより「台所」というのがふさわしい、いかにも田舎っぽいかんじになりつつあり、大変満足です。

 

 

LABRICOおすすめです

 

 

収納はシンク下と戸棚があるのですが、やはり毎日使うフライパンや調理器具、調味料などはすぐ手にとれるところに置きたいと思い、 ツーバイフォーアジャスターを使って柱を立てました。

 

 

ツーバイフォーで柱を立てるのはよく見かけますが、ディアウォールじゃなくてLABRICOという商品のほうが、ネジ式で長さの調節ができるので便利です。

質感もほんのわずかにですがマット感があり、値段もそこまでかわらないのでこっちを使っています。

と言いつつ上部側の部品はレンジフードに隠れて見えなくなってしまったので、見た目にはそう違いはありません……。

 

最近は木材に塗装をするより、無塗装でDIYに使うのが気に入っています。

塗装ってめんどうくさいし変なにおいがするし、どうしても木目をつぶしてしまうので、そのままの状態で経年変化を楽しむくらいの方がいいような気がしています。

アジャスターの白も映えます。

 

 

木のぶ厚いまな板をゲットしました

 

ビンや調味料入れは安定のseriaですが、中身が湿気やすいと同居人にすこぶる不評なので買い替え予定。

木のごついまな板はおばあちゃんからのお下がりです。
取っ手をつけて洗った後もフックに吊り下げて乾かせるようにしました。

 

ばあちゃん、長年ひとりぐらしだったのがいよいよたちゆかなくなり、最近になって老人ホームに入ってしまいました。

それに伴い、住んでいたアパートを引き払う際に不用品が山のようにでました。
ちょうど手持ちのプラスチックのまな板が小さくて使いづらかったので、木の大きなまな板を譲り受けました。

まな板を祖母から受け継ぐって、なんだか、感慨深いものがあります。

 

 

台所と洗面台を集約

 

このアパートには洗面台がないので台所で歯磨きをするしかなく、歯ブラシや同居人の髭剃りなども設置されています。笑

それで特に不便も感じてはいないので、独立洗面台はどうしても必要なものではないなぁと実感してます。

水回りは部屋の中にあるだけで掃除の手間もかかりますが、台所なら毎日の食器洗いの際にシンクを磨いたり、ひととおり拭き掃除をしたりしているので手間いらずです。

 

キッチンはまだまだ使いづらいところもあるので、少しずつ改善していく予定。

 

 

広告