ひとり旅の荷物・役に立ったものなど

 

九州旅行用にノースフェイスのバックパック(30L)を購入しました!!

 

 

 

こういうベルトがいっぱいついたバックパックって、いかにも旅人っぽくてあこがれだったんですよね~。

九州旅行は10日で終わってしまいましたが、このバックパックはしばらく使い倒そうと思います。

 

 

旅の荷物について

 

バックパックの容量は30Lなので、それほどたくさんのものは入りません。
持ち歩くものには最大限の注意をはらいながら荷造りをしたつもりです。

 

 

服関係

  • マウジーのワンピース 1着
  • ユニクロのスキニーパンツ 1着(上の写真にはウッカリ写ってません)
  • ユニクロのUVパーカー 1着
  • リブTシャツ 1着
  • ブラトップ 3着
  • 下着・靴下 3セットずつ

 

服は圧縮してもかさが大きいのでかなり悩んで絞りまくりました。
ぶっちゃけほとんど毎日「ブラトップ+ワンピース」で通しました。

10日程度の旅行だったのでブラトップだけ毎日洗濯・ワンピースやパンツは消臭スプレーを駆使して一度も洗濯なしでしたが、もっと長期の旅行になるとクリーニングする必要もあるだろうな~と感じました。

 

ブラトップは旅行の強い味方すぎてもう手放せる気がしません。

GUのブラフィールは速乾性もあるので旅に最適です。
手洗いで雑な脱水でも、一晩干していたら朝にはちゃんと乾いていました。

ちなみに足元はtevaのサンダル1足のみ。
tevaのサンダルはクッション性があるので、ガンガン歩いても足が痛くなりにくくとても快適でした。

 

 

 

化粧品関係

  • 手鏡
  • アイライナー
  • マスカラ
  • アイシャドウ
  • アイシャドウ用のブラシ
  • チーク・リップ
  • エトヴォスのUVパクト
  • シェーバー
  • ヘアクリップ
  • 日焼け止め 3種類
  • 制汗剤
  • 保湿クリーム(身体用)

 

肌断食をしているので、化粧水などの基礎化粧品は一切なし。
これが本当にラクでラクで、「肌断食しててよかった……」と心から痛感しました。

ただ外を長時間出歩くため、毎日日焼け止めを塗って洗顔をしていたので、少し乾燥して荒れてしまったかなーというかんじです。

日焼け止めと洗顔は、やはり肌にはいい影響はありませんね。

 

 

 

衛生用品など

  • 眼鏡
  • 歯ブラシセット
  • コインランドリー用の使い切り洗剤
  • コンタクト洗浄液
  • マジックソープ
  • 泡立てネット
  • 温泉用のメッシュポーチ(マジックソープと泡立てネットをIN)

 

服の次にかさが大きかったのが衛生用品でした。

主にコンタクトの洗浄液のせいですね。
もっと小さい手洗いタイプのものを持っていけばよかったと若干後悔しましたが、やはり勝手に洗浄してくれるタイプのラクさの誘惑にあらがえず……。

 

マジックソープは、

  • メイク落とし
  • 洗顔料
  • シャンプー
  • ボディーソープ
  • 手洗い洗濯時の洗剤

と1本で5パターンの使い方ができ、非常に重宝しました。

液体タイプの一番小さいサイズを選んだのでそこまで重くもなく、10日間で使った量は全体の1/4程度。
1本のお値段はそこそこですが、用途の多さを考えるとコスパよすぎます。超おすすめです。

 

 

ただし髪を洗うと多少きしみます。リンスやコンディショナーと併用した方がいいかも。

あとペパーミントタイプは洗顔に使うと目や粘膜にメッチャしみます!

それでも私はミントが好きなので使いましたが、洗顔に使うなら別の香りのものがおすすめです。

 

 

 

PC・スマホまわり

  • サーフェス
  • スマホ
  • スマホ用充電関係いろいろ
  • イヤフォン
  • マルチタップ

 

スマホとスマホの充電機器は充実させておくに越したことはありません。

旅先ではやはりいろいろと調べ物をするし、宿の予約もするし、グーグルマップももはや必需アプリとなっているので、私にとっては旅の生命線と言えました。

スマホが2回フル充電できる充電機器があれば、とりあえず安心できました。

 

タブレットPCは薄くて軽いのでバッグの中ではそこまで場所をとりませんでしたが、かといって精密機器なのであまり雑な扱いをして負荷をかけるわけにもいかず、扱いに若干手こずった感があります……。

本当はブログの下書きなどを書きまくるために持参しましたが、1日歩き回った後ではそんな体力もなく……。

雨に濡れるのなども若干気を遣いますし、情報収集したりホテル予約するだけならスマホだけでも十分だと思いました。

 

 

 

その他いろいろ

  • ジップ袋
  • アイマスク
  • 折り畳みハンガー
  • S字フック
  • カラビナ数種類
  • ナンバーロック

 

この旅で一番活躍したアイテムは、ジップロック的な袋とS字フックかもしれません……。

 

ジップ袋は、

  • 洋服の圧縮
  • 下着や汚れものなどの選別
  • ゴチャゴチャした小物の整理
  • 汚したくないものなどの保管(旅の途中で本を買ってしまったのでそれを入れてました)

などなど様々な用途に役立ちました。

 

透明なものを選べば中が見える化できるので、ポーチなどに収納するよりも一目でなにが入っているかを把握でき、しかもほとんどかさばらないという優秀さ。

汚れて使えなくなってしまっても、100均のものならあまり気兼ねせずに捨てたり買い替えたりすることができます。

 

大きめのS字フックは旅の途中で100円ショップで買ったものですが、いったい何に使ったのかというと、ほぼ公衆トイレでのバックパック吊るし専用に使いました。

このS字フックがない状態だと、トイレの個室内に大きなバックパックを吊るしておく場所がない!!という事態に何度か見舞われました。

女性の皆さん(だけではないかもしれませんが)、バックパックで旅行するなら大きめのS字フックは1個持っておいた方がいいです!!

似たような理由で、カラビナはちょっと買ったペットボトルやおかしをバックパックの外側に吊るしておくのに役立ちました。

 

 

旅の荷物はこんなところです!

すべてホテル泊・ゲストハウス泊だったので、10日間の旅行ではこの荷物量で全く問題なく暮らすことができました。

ホテル泊に限定するなら歯ブラシやシャンプー類も備え付けのものがあったので、荷物はもう少し減らすこともできたと思います。

 

たぶんこの内容で、1ヶ月くらいでもいけたのではないかと。

旅行時のバックパックの中身についてはまだまだ改良できる余地があるし、生活に必要なものを最小限にして持ち歩くという意味で、ミニマリスト的な体験ができて楽しかったです!

 

バックパック、大事に使おう~~~。

 

 

広告