肌断食中の石けんで落ちる日焼け止め

 

最近肌断食をはじめて最初に疑問に思ったことが、「夏の間の日焼け止めどうするの??」でした。

実際は紫外線って年中降り注いでいるものらしいし、夏でも冬でも日焼け対策に余念がない人もいるとは思うんですが、やはり真夏の日光ほど恐ろしいものはありませんよね……。

私は特に大学の時に肌トラブルを起こしてから、日焼け止めで肌荒れするわ自分のかいた汗で肌荒れするわクレンジングで肌荒れするわで、夏は本当に魔の季節でした。

今は肌荒れも落ち着いていて、そこまでの不調に陥っているわけではないのですが、そうはいっても紫外線対策は大事。
肌断食中は日焼け止めもやめることが推奨されているようですが、おっかなくってそこまで思い切れません。

 

 

肌断食中の日焼け止め おすすめ3選

 

肌断食をはじめる前から、日焼け止めは石けんで落ちきるもの!というのを第一の基準に選んでいました。
日焼け止めマニアの方のようにいろいろ試しまくったわけではないですが、個人的に気に入っているものは以下の3つです。

 

 

パックスナチュロン UVクリーム

 

塗った時の白浮きっぷりがものすごいことで有名なパックスナチュロンの日焼け止めですが、私はそこまで気になりませんでした。

たしかにとてもモッタリとしたテクスチャで、ちゃんと塗り込まないと顔中身体中がまっしろになるので、外出先で手軽にサッと塗りなおせるというかんじではないです。

私は主に朝出かける前に時間をかけてぬりぬりしていました。

毛穴がうっすらカバーされるかんじはあるので、化粧下地のかわりにもなると思います。

安定の太陽油脂製なのでお肌への負担の軽さ・落としやすさの点で気に入っていました。

 

 

ロート製薬 オレゾ ホワイト マイルドディフェンスUV

 

薬局で手軽に買える日焼け止めもいろいろ試しましたが、その中ではオレゾが一番しっくりきました。ただお値段がちょっと張ります。
そしてどうやらパッケージに「石鹸で落ちる」の表記があるものとないものがあるようです。

私が使っていたのはミルクタイプのものだったので、白浮きしないしサッと塗っただけでお肌に馴染んでくれました。

オレゾは日焼け止め独特のにおいが少ないのもとてもよかったです。化粧品っぽいにおいがします。
もしかしたらその分余計な成分が入っているのかなとは思うのですが、夜ちゃんと落としきれることを前提に考えれば、においによるストレスが少ないのは充分利点かなと思います。

ドラッグストアなどで流通してる日焼け止めの利点は、テスターで使用感を試せるところですよねー。

 

 

ユースキンS UVミルク

 

肌断食のブログなどを拝見してよく見かけたのがユースキンの日焼け止めです。ついこの間買って現在使用中です。
ドラッグストアを回りまくって探しまくったんですが取り扱っているお店を見つけられなかったので、アマゾンで買いました。

使用感は、なんというか、可もなく不可もなく……というかんじです。
難点はちょっとべたつくこと。

日焼け止めの使用感にこだわりのある人にはきびしめかな…というかんじです。
(とはいえパックスナチュロンの白浮きっぷりに比べたらどうってことないとは思います)

 

いかにもお肌によさそうなパッケージ!で、実際に負担は少ないと思います。

私は強すぎる日焼け止めを使うと肌が荒れたり赤くなったりする方なのですが、こちらは今のところまったくそういうトラブルがないです。

とはいえ人によると思いますので、値段もそこまでお高くないことですし、お試しで使ってみてもいいと思います~。

 

 

毎年毎年日焼け止めジプシーしている私ですが、今まで使った中ではこの3点がおススメです。

とはいえ、やはり肌断食中は肌に何かを塗り込むより、帽子や日傘で日差しを避けることが推奨されていますね。

私も今年、折りたためる日よけ帽子買いました。ちょっとオバチャンっぽくてどうかなと思っていたのですが肌の健康には替えられません……。

 

日常的に日よけ帽子をかぶって日傘を差していれば、日焼け止めの必要はないらしいです。
私は歩く時は両手を空けていたいので、弱めの日焼け止め+帽子。

真夏に一日中外を歩き回るとか、海や山でのアウトドアをするとかでなければ、紫外線対策は必要最低限で済ませています。その方が結果的に肌負担が少ない気がするので。

今年の夏は出かける予定がわりとたくさんあるので、SPF50ぐらいで、かつ石けんで落ちるものを探しておきたいところです。

 

 

【肌断食3年目】石けんで落ちる日焼け止めなど、この夏のケアについて

 

 

広告