【好きなもの100】DURALEX タンブラー

 

ガラスのコーヒーサーバーを割ったしまったことにションボリしすぎ、「身の丈にあわない器も持たない方がいいのかもしれない……」と思ったという記事を書きました。

 

ガラスのコーヒーサーバーが割れてしまった

 

では「身の丈にあう器」っていったいなんだ??と考えたとき、今現在の生活にもっとも活用されている器は、この「DURALEXのタンブラー」だと、自信を持って言える!ということに気付きました。

 

 

「丈夫なグラス」の代名詞のような存在、DURALEX

 

 

このタンブラーは数年前、東京に住んでいた頃に、アクタスで購入しました。

それからずいぶん経ちますが、しっかり使い込みながらもまだまだ現役。
全面強化ガラスでできているため、一般的なグラスよりもはるかに割れにくいつくりになっています。

 

そしてこのアンバーの色味が、とってもとってもカワイイ。
たぶん、無色透明の水を入れた時がいちばん映えます。

更にDURALEXのグラスは、電子レンジでのあたためOK・食洗器もOK。
電子レンジにかけると外側がかなり熱くなるので取り扱いには注意ですが、冷めてしまったお茶などをあたためたいときに重宝します。

 

 

もちろん沸騰したお湯を注ぐこともできるので、ドリッパーから直接コーヒーを淹れるなんてこともできてしまいます。

 

 

「壊れにくい」という安心感が、愛着につながる

 

どんなにかわいいグラスもお皿も、「雑に扱ったら簡単に割れてしまうんだろうな」と思うと、それを日常使いするのにいくらか躊躇してしまいます。

そのものがある程度高価だったり、希少だったりするとなおさらです。

かといって「割れたら悲しいから……」と食器棚にしまいこんで、お飾り的になってしまったり、お客様専用カップのような状態になるのもさみしい。

 

でも、DURALEXはひとつの単価は比較的安価なのにカワイイし、それでいて壊れにくいとなれば、普段使いでガンガン活用することができます。
万が一割れてしまったとしても、定番の商品だからすぐに同じものを買うことができるというのも、安心感につながります。

いつでもどんな状況でも、何年たっても使っているものには、自然と愛着がわくものです。
同じものを長く使っていると、だんだんと味がでてきて古道具やアンティークのような風格がともなうのも楽しい。

 

DURALEXほどタフな商品はなかなかないかもしれませんが、そのようなものを意識的に選ぶことで、「愛用品を、大事に使っていく」という生活スタイルを定着させることもできるのではないかと思います。

 

 

デュラレックス ピカルディ アンバー 250cc 6個セット

 

 

広告