カード主義でも浪費をしないために必要なこと

カード主義でも浪費をしないために必要なこと

 

節約やダウンシフトをするうえでは、「クレジットカードを上手に活用すること」が重要になります。

クレジットカードを生活のなかに適切に取り入れていくために、現時点での考えをまとめてみました。

 

 

クレジットカードは便利

 

今さら説明するまでもないことかもしれませんが、クレジットカードの利点は様々あります。

 

  • 現金を持ち歩かなくていいので身軽になれる
  • 現金を持ち歩くよりも安全(紛失したとしても、カード会社に連絡を入れるだけで利用をストップできる)
  • 仮に盗難されて悪用されたとしても保障される
  • レジでの所要時間を短縮できる
  • ポイントが貯まる
  • ネットショッピングなどでも手数料なしに手軽に利用できる
  • マイページにログインして利用明細を確認することができ、家計簿いらず

 

圧倒的に、使わないよりも使う方がメリットは多いです。

しかし、同時にクレジットカードは、多くの節約本において「安易に使ってはいけない」と警鐘を鳴らされているものでもあります。

 

 

クレジットカードのデメリット

 

クレジットカードはとても便利な反面、

  • あまりに手軽に使えるために「お金を使うこと」へのハードルが下がる
  • ウェブ上の利用明細反映に若干のタイムラグがある
  • カードを使って商品を購入した時点では、まだその対価を払っていない「借金をしている状態」であるのに、その意識が薄い
  • リボ払いなどのシステムについて、詳しい知識がなくても使えてしまい、手数料(利息)に振り回されてしまう

というデメリットがあります。

 

手元に現金がなければ諦められる買い物も、カードがあれば未来の自分に対して借金を課すことで、簡単に買えてしまいます。
もしかしたら一時の物欲に負けて、買わなくてもいいものを買ってしまうこともあるかもしれません。

クレジットカードは、本来ならこの「物欲のコントロール」ができる人でないと使いこなせない代物だと思います。

現金以上に「ついついお金を使ってしまう仕組み」のようなものが巧妙に設定されているし、一概に「便利なだけ」とは言えないものです。

 

 

そもそも「なぜお金を使ってしまうのか」?

 

目に入ったものを衝動的に「欲しい」と感じてしまい、深く考えずに買ってしまう

 

ショッピングをしているとき視界に入った、ステキな洋服や美味しそうな食べ物・雰囲気の良い雑貨などを、
「今、それを買う金銭的余裕はあるのか?」
「現在の生活に、必ずしも必要とは言えないのではないか?」
などと熟考することなく、衝動的に買ってしまう、というのが「無駄遣い」の正体です。

 

これが現金主義であれば、「今、手持ちのお金があるか?」というのが物理的なストッパーになってくれます。

そういう衝動買いをしたいときに欲しいものって、「今すぐATMに走っていって現金を下ろしてでも、欲しい!!」とまで言えるようなものは少なく、店を出て数分もたつと少し冷静になることもできたりします。

しかし、カード主義だとそうはいかなくなり(使用金額に上限が設定されていたとしても、月20万円までなどと超高額)、結果として、「クレジットカード払いだと余計なものまで買ってしまう」という事態を招くのだと思います。

 

 

手持ちの残金がわかりやすい現金とちがい、上限が見えにくい

 

多くのクレジットカードには、一応、「上限」というものは設定されています。
20万円や30万円などという高額な上限でなくても、自分なりに「ひと月の間にカードで払っていいのは〇万円まで」というボーダーを設けている人も多いと思います。

でも、その上限まであといくら残っているのか、今月はどのくらい使っているのかを、毎日毎日クレジットカードのマイページにログインして確認しているという人は、そんなに多くないのではないでしょうか。

 

現金であれば、物理的に財布を開けば「いま手持ちのお金は○○円だ」と、一瞬でカウントすることができます。

加えて、当月の間に使っていいお金を財布に入れておくようにすれば、そのまま「その月に使っていい残りのお金」がわかるので、出費の計画が立てやすいというメリットもあります。

 

しかし、クレジットカードは使用金額を確認するのに、

  • 「紙の明細が届くのを待つ」
  • 「マイページにログインする」
  • 「家計簿を見直す」
  • 「ウェブ上ではまだ計上されていない出費がいくらなのかを思い出す」

などといういくつかのアクションが必要になり、結果として「使ってもいい残金がわかりにくい」ということになります。

 

めちゃくちゃにお金を稼いでいる人、もしくは「自分は毎日、完璧に、本当に必要なものだけを買っている」と断言できる人は、いちいちそのような確認をする必要はありません。

でもそうではない、たとえば私のような(貧乏かつ意志薄弱な)人間にとっては、この「残金の見えにくさ」は大きなデメリットとなります。

 

 

「買うべきものを買い、買わなくていいものは買わない」を徹底できれば、カード払いのメリットは大きい

 

正しい使い方がわかっていないと、クレジットカードの手軽さ・便利さはそのまま、「浪費を後押しするきっかけ」になってしまいます。

「正しい使い方」とは、「無駄遣いのない・最適化された・必要に応じた使い方」のことです。

 

必要最低限の出費で生活費のすべてをまかなえているのなら、クレジットカードを使うことに躊躇する必要はありません。

現金で支払うとしても同じだけの金額を払わなければいけない事実は変わらないし、そうなるとカードを利用してポイントを貯めた方がむしろお得だからです。

 

お金を最適な方法で使うためには、家計簿をつけて出費の把握をしたり、買い物リストを作って「どうしても必要なもの・欲しいもの」の把握をするなどの方法が有効です。

お金の使い方さえ間違わなければ、カード払いのほうが安心・安全だし、手荷物も少なくなって身軽になれるし、いいことづくめです。

 

 

世の中が「現金社会」から「キャッシュレス社会」にシフトしていく可能性もある

 

また、諸外国が既にそうなっているように、世の中が完全にキャッシュレス化してクレジットカード社会になる前に、生活のダウンシフトや最適化を完了させておく必要があります。

日本が完全クレジットカード社会化するのは何十年も先のことかもしれませんが、生活を最適化させるのだってもしかしたら何十年もかかってしまうかもしれません。
生活レベルを必要最低限まで落とすのはなかなか簡単なことではないからです。

 

自分の欲求を自発的にコントロールできる技術がなければ、クレジットカードを導入することによって、家計管理に支障が出てしまう可能性もゼロではありません。

一生現金派として暮らす場合でも、生活のコストダウンはしておくに越したことはありません。

 

【生活費を半分に】生活の縮小のための「欲求のミニマル化」

 

根本的には、クレジットカードは「よりたくさん買い物をしてもらうために作られたシステム」です。
ポイントが貯まるのも、支払いが手軽なのも、ポイントアップなどのキャンペーンが頻繁におこなわれるのも、すべては「世の中の人にもっとお金を使ってもらうため」です。

その意図は理解しつつ、便利なところだけうまく活用させてもらって、堅実にクレジットカードを利用する必要があります。

そのためには、何度も繰り返すようですが、まずは生活を縮小することが必要不可欠なのだと思います。

 

 

広告