【腸活】朝ごはんを食べるとおなかの調子がよくなる(気がする)

 

朝ごはんを食べない1日1.5食生活を、数年ほど続けています。

 

【1日1.5食生活】最近のまとめと小食のメリットについて

 

 

続けていたのですが、そんななかでも旅先などで朝ごはんをわりとしっかりめに食べる日もごくまれにあったりして、そういう日はこころなしかおなかの調子がいい(ありていに言うと、便秘がマシになる)ような気がする……ということに思い当たりました。

 

もしかしたら、腸活には朝ごはんを食べることが効果的なのでは?という仮説をたて、ここ1ヶ月ほど「朝ごはんを食べる生活」を送ってみました。

結論からいうと、便秘対策として「朝ごはんを食べる」のは、かなり有効なのではないかという気がしています。

 

 

朝ごはんは「食べないほうが調子がいい」派だった

 

最近の食生活は、

  • 朝:なし
  • 昼:0.5食(パンやスープだけなど、軽食)
  • 夜:1食

という状態で安定していました。

朝はなにも食べなくてもそこまで空腹感を感じないし、どのみち昼になったら昼ごはんを食べるのだし、出勤前は時間もないし……と、朝ごはんを食べない方がなにかと都合がいいこともあり、1日1.5食で落ち着いていました。

 

そのような朝ごはんを食べない生活に慣れていたこと、朝ごはんは食べないほうがメリットが大きい(主に時間とお金の節約ができる、など)こと、同じく朝ごはん食べない人の本や話で聞きかじりすぎたことなどもあって、「朝ごはんを食べる生活」にはかなりの抵抗感がありました。

が、「おなかの調子がよくなる」というメリットと比べたときに、やはりおなかの健康と美容を優先したい気持ちがあり、しばらくの間、生活習慣を変えてみようと思いました。

 

 

「朝ごはんを食べる」生活パターンに変更

 

現在は、

  • 朝:0.5食 (おにぎりやパン+コーヒー、バナナなど)
  • 昼:0.5食 (同じくおにぎりやパン、スープなど)
  • 夜:1食 (ごはん・おかず・味噌汁などをガッツリめに)

という構成に替えています。

 

朝と昼は満腹にならない程度の軽食(炭水化物中心)ですませ、夜は野菜や肉などもしっかり食べるというスタイルです。

朝ごはんを作ったり食べたりするために早起きをするという発想はないし笑、起床直後は食欲がなくものが食べられないので、食事は基本的に「通勤中の車内」でしています。

片手でつまめるものを食べつつ、コーヒー飲みつつというかんじです。

 

昼は日によっては食べないこともあるので、トータルでは1日1.5食~2食ほどと、食べる量がすごく増えたというわけではありません。

食事の回数が増えたというより、食事のタイミングを前倒しにして、今ままでお昼に食べていた量を朝と昼の2回に分けて食べるようにしている、というぐあいの変化です。

 

 

朝ごはんを食べるメリット・デメリット

 

おなかの調子がよくなったのは一番のメリットですが、それ以外にも、

  • チーズトーストなど、温かいものが温かいまま食べられる
  • 昼ごはんにかける時間が減るので、昼休みが有効に使える
  • 午前中におながか鳴らない

などの効果がありました。

 

デメリットとして大きなものは、今のところは特にありませんが、しいて言うなら

  • 通勤中の車内で食べるので、朝の食事が落ち着かない
  • どうしても食欲がわかない日もある(慣れの問題?前日の夜ごはんの食べ過ぎ?)
  • 「おなかが減っている時間」が減ったので、「サーチュイン遺伝子」が活性化しなくなった

などが弊害といえば弊害かなぁ……と。

 

ちなみに、サーチュイン遺伝子とは、空腹状態にあるときに活性化して、壊れたり傷ついたりしている遺伝子を修復してくれる遺伝子のことだそうです。
詳しくはまた改めてまとめたいと思いますが、参考文献は(例によって)こちらです↓

 

「空腹」が人を健康にする

 

 

常に満腹状態というわけではないにしろ、「空腹の瞬間」が少なくなったためかこころなしか仕事中ぼーっとするような気もするので、今後は、

  • 朝ごはんを食べたら、昼ごはんは食べない
  • 朝ごはんを食べなかったら、昼ごはんを食べる

……の、1日1.5食生活に戻していこうかなとも思っています。

 

 

「朝ごはんを食べるとおなかの調子が良くなる」は、今のところ正解っぽいです

 

私個人の感想では、便秘対策としての朝ごはん食べる生活は、けっこう有効なのでは……?と思っています。

朝ごはんを食べることで腸のはたらきが活性化する?ような実感はあるのですが、なぜ昼ごはんではなく朝ごはんでなければだめなのか??は、正直なところ謎です。

「朝ごはんは食べなさい」派の本などを読んでみるとわかるのかもしれないので、該当しそうな説を見つけられたら追ってご報告します。笑

 

 

広告