【好きなもの100】ブラトップ

ワードローブのダウンサイジングをすすめる過程で、半袖Tシャツなどの夏ものトップスはほとんどブラトップ(カップ付きTシャツやキャミソールなど)に集約してしまいました。

残っているのは冬ものの長袖のYシャツとトレーナー、ジップアップパーカーなどの羽織りもののみ。
純粋な半袖Tシャツなどは本当に1枚もありません。

私は平均身長ど真ん中のくせに肩幅が妙に広くて、Tシャツやノースリーブが似合わない(ど~してもいかつい印象になる……)体形なので、いつからかすっかり開き直って「コーディネートの主役になるようなTシャツは買わない」という決意をしました。

 

 

ブラトップが大好き

 

なので、トップスやワンピースのインナーなどのほとんどをブラトップでまかなうことにしました。

ブラトップは着ていてとても楽だし、色々なブランドやデザインのものが販売されているのでとても便利です。

シンプルな綿素材の半袖Tシャツ型などは、それ1枚でも出かけられるほど「下着っぽさ」がありません。

ブラトップ1枚で外出するにはちょっときびしいなという場合(キャミソール型やタンクトップ型など)も、上にパーカーやカーディガンなどを1枚羽織ったり、ワンピースを着てしまえばまったく問題ありません。

 

使っているものが消耗してきたらいつでも手軽に代替品を見つけて買い替えられるのも利点のひとつ。

特にGUのブラトップは速乾性をウリにしているので、長期旅行の際にも重宝しました。

凝ったデザインのTシャツやカットソーなどは、なかなか普通モードの洗濯機にかけるのもためらわれますが、ブラトップは容赦なくガンガン洗えて、いつも清潔な状態で着用することができます。

 

またブラジャーをつけていると「首元・胸元があいている服だと、下着の肩ひもなどが見えてしまう」とか、「Tシャツの生地が薄くて下着が透けるので、キャミソール必須」ということも多いのですが、ブラトップはそれらのデメリットがありません。

特に夏場は下着を含めると3枚ほど重ね着しなければいけないところが、ものによってはたった1枚で完結してしまうのだから、ブラトップはとんでもない発明品だと思います。

 

 

ブラトップを中心にコーディネートをパターン化

 

 

私は手持ちの服の組み合わせをイラストにして、見える化しています。
(写真のメモはすこし前のものです。そろそろ更新しなきゃ……)

まずブラトップを起点に、その日着る服を定型化した数パターンの中から選ぶことで、迷う時間を最小限に。

これだとトータル10着ちょっとくらいの枚数でも、「毎日同じ服を着ているなぁ」という感じにならなくて済みます。
しかも着ている服はどれもお気に入りのものなので、「今日の服はハズレコーディネートだな……」と思うこともありません。

 

私はブラトップ(トップス)はごくごくシンプルなデザインにとどめて、アウターやワンピースやボトムス、小物類などでオシャレを楽しむようにしています。

ブラトップならたとえ肩ひもが見えても多少透けたとしても問題ないので、「下着との兼ね合いで着たい服が着られない」ということがないのが最高に快適です。

 

 

「ブラトップは女子力を下げる」という呪いについて

 

ブラトップを愛用しているというと必ず言われるのが、「体形がくずれる」とか、「女子力が下がる」とか、「男受けがわるい」とかいう言葉です。
これほんと~~~に大きなお世話!!です。笑

人にもよるのかもしれませんが、私は年齢によってかたちがくずれてしまうほどのバストもないですし(悲)、「女子力」「男受け」という呪いからはいち抜けしているので、それらの忠告はまったくの無意味です。

もしも「ブラトップをつけている女性とは付き合えない」という男性がいたなら、その人とはお付き合いしなければいいだけの話だし、そもそも男性のために服を着ているわけでもオシャレをしたいわけでもありません。

私にとってはオシャレは自己満足!だし、なによりも「身軽に、ストレスフリーに、いつも機嫌よくいられること」の方が大事です。

 

ブラトップは女性の「モヤモヤ」「不快感」「不自由感」をびっくりするくらい軽くしてくれるすばらしい発明品なのに、「女子力」などというぼんやりしたよくわからない制約によって「ダメ女!」「女子失格!」などと判定されるはまったく納得いきません。

私は今後もブラトップを愛用していきたいし、新商品があれば積極的に試していきたいと思っています。

 

 

広告