【生活費を半分に】月6万で生きることは可能か

 

最近、

などの、「お金を使わずに暮らす」系の本を読みまくっています。

 

それに影響され、「まだまだ自分は余計なものにお金を使いすぎているのではないか?」「10万円の収入で暮らすなど生ぬるいのではないか!?」という気持ちが高まってきました。

0円で生きている人(マークさん)や月2万円で生きている人(高村さん)にくらべたら、月10万の収入は、壮絶な贅沢に感じられます。笑
しかも月10万円はあくまでも「目標金額」でしかなく、現状はそこまですら落とせていない状態です。

しかし、現実にそのような生活をしている人がいるのだから、そこに到達するのも「まるっきり不可能」という話ではないし、チャレンジしてみるのも楽しそうだな~などと思ったりしています。

 

 

最終的な目標は「年金やベーシックインカムの範囲内」

 

「半分の生活費」はあくまでも中継地点的な目標で、最終的な到達点は、

「年金やベーシックインカムなどで【生活するのに最低限必要】とされている金額だけで暮らせるぐらいまで、生活をダウンシフトすること」

ということにしたいと思います。

 

詳しいことはちゃんと調べてないのでよくわかりませんが(BIが実現するのかとかもよくわかりませんし)、現在の国民年金の支給額は「6万5千円」だと言われています。

これから支給額が下がっていくことなども考慮して、ざっくり6万円。
10万円の収入→6万円の収入へのダウンシフトの想定となります。

そしてざっくりざっくり3万円くらい?を「保険料」や「年金代」「税金代」として引くと、だいたい月3万円ぐらいが「最低限必要限の生活費」と言えるのではないかと考えました。
(実際は収入が6万円程度だったら保険料や税金はほとんどかからないと思いますが)

 

 

月3万円の生活費の内訳

 

現状の支出の費目ごとに、ざっくりざっくりざっくり計算してみたところ、

  • 家賃…0円
  • ガソリン代…0円
  • ガス代…2,000円
  • 電気代…2,000円
  • 水道代…1,000円
  • 通信費…3,000円
  • 食費(自炊費&外食費)…10,000円
  • 生活用品費や被服費・医療費や交際費などの変動費…12,000円

……ぐらいが、理想的かつ現実的なパーセンテージなのではないかなと思います。

 

ちなみに「自作の小屋で暮らそう」の高村さんの生活費の内訳は、

このようになっているらしいです。す、すごい。

 

毎月の家賃を1万円でも払っていたら、月3万円で暮らすのは到底不可能だと思います。
空いている土地を買ってスモールハウスや小屋を建てるとか、空き家を買って改装しながら暮らすなどの、ある程度の初期投資が必須になってきます。

そう考えると賃貸って、どんなに高額の家賃を払っても投資にはならず「そこに住んでいようが住んでいまいが関係なく、ひたすらに消費されていくお金」なので、ここをゼロ円~月に数千円レベルまで落とすことが生活費の最小限化をするうえでの重要課題だと思われます。

(たとえば実家などを利用できるのなら利用するというのもひとつの手だなぁ~~、なんて……)

 

家や土地を買って、最初にドカンとお金を払ってしまえば、月々の生活費を下げることができるようになります。
ただし現時点での問題は、先立つもの(貯金)がないということ……。笑

あと、自家用車を持っていても税金や保険料のことを考えると到底3万円以内には収まりそうにないので、移動は基本自転車かせいぜい原付、というのが現実的かと思われます。
都会に住むのであれば自転車や公共交通機関を利用するのでも、狭い範囲で生活するぶんには事足りそうですね。

 

 

「必要最低限」を考えるのは楽しい

 

毎月の家賃を払っている以上は、すぐにここまで生活費を下げることはまず不可能だし、実践したとしてもギリギリの極限状態になることが目に見えているので、やりません。笑

まずは「半分の生活費」「10万円の収入で暮らす」という目標に向かってゆるやかにダウンシフトしていって、その次のステージとしての「6万円の収入で暮らす」、ということです。

 

このようにしてミニマリズム的に、「自分にとってなにが【必要最低限】なのだろう」と思考してみることって、かなり楽しいことのように思います。

【必要最低限の金額】を限りなくシビアに設定してくと、自分の現状を振り返って、ここからなにを削るべきか、なにを守るべきかの取捨選択を迫られます。
まだまだ無駄遣いをしているのではないか、収入に対する支出を減らせるのではないか、そして貯金ができるのではないか……と、自分を律するための指標の一つにもなります。

「0円で生きる」のは無理だとしても、「年金だけで生きる」ことができるようになれば、将来の備えにもなりますね。

 

 

冒頭の3冊はこのようにしてダウンシフト欲をバシバシ刺激されるので、とてもおすすめです。

きたるベーシックインカム実現の日(実現するかしないかは正直なところどちらでもいいのですが)にむけて、今から少しずつ準備をしていきたいと思います。笑

 

 

 

 

 

広告